湯村温泉

ゆむらおんせん

基礎情報

湯村温泉(ゆむらおんせん)」は、兵庫県美方郡新温泉町の山あいにある温泉。

848年に発見されたと伝えられる古湯で、元湯は「荒湯」と呼ばれる98度の高温泉。

1994年から2002年までは、湯村温泉ヘリポートから旅客便運航があったが現在は廃止されている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【サイコロ3】後編にてヘリコプターで向かい、大泉さんには苦すぎる思い出とテレビタレントとしての汚点が残る。

観光情報

「湯村温泉」の観光スポット情報はこちら。

1981年の吉永小百合主演NHKドラマ「夢千代日記」のロケ地としても知られる風情ある温泉郷です。

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ3~自律神経完全破壊~後編

サイコロの旅企画第3弾、淡路島から再スタートの後編。

第3の選択は岡山県・倉敷から深夜バスで12時間かけて東京・新宿へ。そして第4の選択によりたった3時間の新幹線で兵庫県・神戸までUターン。

さすがにうんざりしてきたところで、鈴井さんが振った新神戸駅前での第5の選択。

ディレクターから“あんまり出さないでね”と前置きされていた「ちょっとひとっ風呂 湯村温泉」。

「これねぇ…お金かかるんです」
ヘリぃ?
「なんだよぉ、おいおいおい」「ケビン・コスナーじゃん」「エアーウルフだね」
「やったねディレクター、ちょっと見直した」「やぁすごいヘリコプター乗れるのオレ」「悔しがるね友達がまた」「思い出なの俺にとって全てテレビは」

1名¥12,000、50分間のヘリコプター移動。チャーター便ではなく、時刻表にも載っている交通手段だという。

一人だけ大いに浮かれる大泉さんであったが、結果的にこれは彼にとって出てはいけない地獄の目であった。

今は無き神戸ヘリポート発-但馬空港経由-湯村温泉行のヘリコプター(カワサキヘリコプタシステム)にて「湯村温泉」へ。

「かっこいいねぇ」
トップ・ガンみたい


意気揚々とヘリに乗り込み、“トップ・ガン出動”。離陸時から興奮した様子で機内をリポートした。

しかし、但馬空港経由の際には早くも具合が悪くなっていた大泉さん。

目的地の湯村温泉ヘリポートに到着する直前、ついに一線を越えてしまう

「あとちょっとだったのに…」
ごめんなさい…」「キミはトップガンにはなれないね…」


湯村温泉でひとっ風呂浴びれば、大泉さんの体調も回復。

「大丈夫ですか?」「だいぶよくなりました」「何かキッカケがあったらオレはいつでもやれるよ」

誘拐されて旅に出たため着替えも持っていない大泉さん。入浴後は関空で購入したという紙製の下着を身につけ、旅を続ける。

※水曜どうでしょうDVD第4弾「サイコロ3~自律神経完全破壊~前編/後編 完全版」/北海道テレビ放送株式会社 より

カテゴリ:ロケ地(日本)

コメント

非公開コメント