ハウステンボス

Huis Ten Bosch
カテゴリ:『地』
場所:長崎県

基礎情報

ハウステンボス(Huis Ten Bosch)」は、長崎県佐世保市にあるテーマパーク。略称は「HTB」もしくは「テンボス」とも。

ヨーロッパをテーマに、建物や花畑、ショーやアトラクションなどが広大な敷地の中で楽しめる。

単独のテーマパークとしては日本最大の面積。佐世保市の町名にもなっており、住所は佐世保市ハウステンボス町1-1。

2003年に経営破綻するも、2010年に「H.I.S」が中心となって再建を開始した。

「水曜どうでしょう」では

  • 【サイコロ3】第6の選択にて目の前まで行ったが、入園は叶わなかった。
ハウステンボス

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ3~自律神経完全破壊~前編/後編

サイコロの旅企画第3弾、東京からスタートした前編。

12時間深夜バスに乗車した後、博多駅前での第6の選択。ディレクターも疲れており、選択肢には快適な乗り物や目的地が並ぶ。大泉さんが振った結果は「④せっかくだから観光 ハウステンボス」

喜ぶ2人だったが、よく考えれば札幌とは逆方向であり九州に深入りしてしまう目であった。

「いいの?ほんとに」「楽しくなりそう」「北のHTBが南のHTBに行こう!よしっ遊ぼう!」

向かう特急「ハウステンボス3号」車内では、オランダのことをよく知る大泉さんから、オランダにまつわる事前情報、果ては酒や女のエピソードまで聞くことができる。

「ところでハウステンボスって何?」「オランダですよ」「チューリップが咲いてるよ」「みんな木の靴だよ」「ヘーシングいる?」「2~3人いるよ」
「オランダのお酒?」「チューハイ」「チューハイムっていう人が…」

ハウステンボス前に到着し、さらにうかれる2人。

「こんなとこ初めてだね」「ここは滞在したい」

しかし、入場する前に第7の選択。サイコロを振ったのは鈴井貴之であった。

新しいスペシャルな振り方だと前置きされて口から放たれたサイコロは、2つもあったハウステンボスで遊ぶという選択肢を余裕でかいくぐり、⑥の目を示した。(「⑥ついに最南端 鹿児島」)

「鈴井さん…」
「ハウステンボス、コレだけ?」「オイ!本当か?」「ウソだろ?」

入場もできず、ハウステンボス駅前に10分滞在し、乗ってきたばかりの特急ハウステンボスに再び乗車することになってしまった。

「荷物降ろす必要なかったじゃない」
「ハウステンボスは見たかったなぁ…」

※水曜どうでしょうDVD第4弾「サイコロ3~自律神経完全破壊~前編/後編 完全版」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント