アデレード

Adelaide

基礎情報

アデレード(Adelaide)」は、オーストラリア南オーストラリア州の州都。1836年(番組では1936年と表示されるが誤り)にイギリス植民地となった。名称は19世紀のイギリス国王ウィリアム4世の王妃アデレードにちなむ。

当初から街の成長繁栄を見据えた都市計画がされており、道路や施設がきれいに配置されている。比較的狭い範囲に施設が集約されているため利便性が高く、また街並みも美しい。

「水曜どうでしょう」では

  • 【オーストラリア縦断】の最終目的地となった。ゴールのアデレード駅前では、ミスターの思いつきで大泉さんへのいたずらが行われた。また、4人をダーウィンから運んできた旅の相棒は返却目前にして力尽きた。
アデレード

「水曜どうでしょう」での登場シーン

【オーストラリア縦断】

初の海外企画、レンタカーでのオーストラリア大陸縦断、最終目的地「アデレード」

最終日(縦断4日目)、アデレードまで74km地点。

「来たねぇ」「3600キロ」「俺たちゃ本当に走ってんだから」
「終わるねぇ」「そのサングラスの向こうの目は潤んでるのかい?」

そしてついにアデレード到着。その場でゴール地点はアデレード駅と設定。

「やぁきれいだ」「歴史があるんだろうかこの街は」「すげぇ」
「なんか乗っちゃってるもん」

午後4時50分、アデレード駅到着。長かった縦断の旅にも終止符。

かと思われた時、鈴井さんが奇妙なことを言い出す。

「長かったですねぇ」「3,668km」「お疲れ様でした」
「で、その前に大泉くん」「我々はこれから札幌へ帰る」「『帰る』と言えば?」「なにか振るものとか…」

この大泉さんへのちょっとしたいたずらも、企画終盤におけるかなりの見どころ。

しかし、ゴールのアデレードではもうひと騒動。

なんと、相棒として旅をしてきた「ランドクルーザー」が、レンタカー屋に返却する直前にエンジントラブルで力尽きてしまう。

「がっかりです」
「渋滞してますアデレード」「我々のせいで」「ごめんなさいアデレード」

時間をかけたダーウィン出発以降、事前に注意を受けていたタイヤのバーストも起こらず、竜巻すら粉砕し、どうでしょう班を乗せて無事目的地まで届けてくれたランドクルーザー。

もしかするともっと前に限界は来ていたのかもしれない。

運搬車に連れていかれるランクルを眺めながら、4日間の長旅に思いを募らせ、そこから4人は歩いてホテルを探した。

「なんか泣けてくるな」「よく頑張ってくれましたね」「よくアデレードで」「ありがとう。ランドクルーザー」「悲しい画じゃないですか…」
「これからは…徒歩で行くよ」

※水曜どうでしょうDVD第3弾「サイコロ2~西日本完全制覇~/オーストラリア大陸縦断3.700キロ」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント