デビルズマーブル

Devils Marbles

基礎情報

デビルズマーブル(Devils Marbles)」は、オーストラリア北部準州(ノーザンテリトリー)中央部、ダーウィンから1,000kmあまり南下した土地に広がる岩石群

丸みを帯びた大きな岩があたり一面に散在する。押せば転がりそうなバランスで重なっているものもあり、壮大で奇妙な自然のオブジェとなっている。長い年月による隆起や浸食、風化によって形成されたとされるが、名称(Devils Marbles:悪魔のビー玉遊び)からも様々な幻想を掻き立てる場所であることがわかる。UFOの目撃情報も多い。

また、ノーザンテリトリーの保護区域となっていて、先住民族のアボリジニにとっては聖地であり、彼らはここを「カール・カール(Karlu Karlu)」と呼ぶ。

「水曜どうでしょう」では

デビルズマーブル

「水曜どうでしょう」での登場シーン

【オーストラリア縦断】

初の海外企画、レンタカーでのオーストラリア大陸縦断。

縦断2日目は気合いを入れ直して1200kmの行程。夜中から続く激しい嵐の中早朝に出発し、途中猛暑やハエ、竜巻など、早くもオーストラリアの大自然を体感。

日中、巨石群地帯「デビルズマーブル」を発見。

おいなりさんみたいな物がいっぱいあるじゃない」「すげぇすっげぇ」
「2時間ぐらいおきにちょこちょこと魅せてくれるね」「竜巻の次はー、大きな石ー」

岩石のひとつに昇って辺りを見渡す。

ら゛ぁ~ぁ」「すっごぉい」「ほら、あんな奥まで」

この頃にはもう、日中の高い気温にも慣れ始めている。

「それでもまだ40.5度」「驚かなくなっちゃった」「『それでもまだ』なんつっちゃって」

※水曜どうでしょうDVD第3弾「サイコロ2~西日本完全制覇~/オーストラリア大陸縦断3.700キロ」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント