ランドクルーザー

LAND CRUISER

基礎情報

ランドクルーザー(LAND CRUISER)」は、トヨタ自動車(TOYOTA)が製造する自動車の商標。

世界中で人気を集めるクロスカントリー車(SUV)で、70年以上の歴史を持つ。日本では“ランクル”の略称で親しまれている。

「水曜どうでしょう」では

「水曜どうでしょう」での登場シーン

【オーストラリア縦断】

初の海外企画、レンタカーでのオーストラリア大陸縦断。

縦断初日、出発前のダーウィンにてレンタカー屋の準備が遅れる。

「のんびりしてますねオーストラリアさすがに」
「もともと8時に…借りることになってたんですけど」「タイヤ交換してるんでと…」

空いた時間で観光スポットに足を運ぶも、なかなか楽しめないどうでしょう班。

散々ヒマを持て余した末、昼過ぎにようやく縦断の旅がスタート。

「やっとスタートですね」「やっと来ましたこのランクルっ」

相棒は「ランドクルーザー」。その後、4日間の過酷な道のりを4人と共にした。


そして最終日、ついにゴールのアデレードに到着。

ところがここで、“緊急事態”が起こる。

「がっかりです」
「渋滞してますアデレード」「我々のせいで…」
「ごめんなさいアデレード」

なんと縦断を達成した直後、レンタカー屋に返却する前に相棒のランドクルーザーがエンジントラブルで力尽きてしまうのだ。

4日間に渡った縦断の旅、総走行距離は3,668㎞。時間をかけたダーウィン出発以降、ボンネット玉子は焼けなかったものの、事前に注意を受けていたタイヤのバーストも起こらず、竜巻すら粉砕し、どうでしょう班を乗せて無事目的地まで届けてくれたランドクルーザー。

もしかすると、もっと前に限界は来ていたのかもしれない。

「なんか泣けてくるな」「よく頑張ってくれましたね」「よくアデレードで…」
ありがとう。ランドクルーザー
「悲しい画じゃないですか…」
「これからは…徒歩で行くよ」

運搬車に連れていかれるランクルを眺めながら4日間の長旅に想いを募らせ、それから4人は、ゴールの町アデレードの歩道を歩いてホテルを探しに行った。

※水曜どうでしょうDVD第3弾「サイコロ2~西日本完全制覇~/オーストラリア大陸縦断3.700キロ」/北海道テレビ放送株式会社 より

カテゴリ:物/ツール

コメント

非公開コメント