恐山(恐山温泉)

おそれざん
カテゴリ:『地』
場所:青森県

基礎情報

恐山(おそれざん)」は、青森県下北半島の中央部に位置する活火山。

その名は主に日本三大霊場の1つ「恐山菩提寺」がある霊山として認知されており、死者の御霊を呼び口寄せを行なう「イタコ」がいる。荒涼とした岩場地帯には硫黄臭が立ちこめ、 そこを抜けると極楽浜と呼ばれる宇曽利山湖の砂浜がある。

境内には4つの湯小屋があり「恐山温泉」に入浴できるが、冬季の閉山期間中は利用できない。

「水曜どうでしょう」では

  • 【闘痔の旅】最後に湯治に訪れるも、案内板を見て“痔エンド”。
恐山(恐山温泉)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

闘痔の旅

激走!24時間大泉洋くん闘痔(湯治)の旅、6つ目(最後)の温泉に「恐山温泉」が登場(する予定だった)。

怯えながら深夜の八甲田山、5つ目の「酸ヶ湯(まんじゅうふかし)」にて湯治にて、24時間のタイムリミットまであと数時間。

続く目的地は「恐山」となる。

「恐山方向へ」「んでそんな方向に向かうんだよぉ」「どうして向かうの」「この1時間で治すから」

着くころには午前3時。

水没していた「水無海浜温泉」、木に腰掛けただけの「酸ヶ湯(まんじゅうふかし)」と、しばらく湯には浸かってはいないが、スタートからもう23時間が経っていた。

最後の温泉、霊場「恐山」の霊力を感じ始める。闘痔の旅グランドフィナーレは間近であった。

「これはかなりの効き目期待できるんじゃないかなと」「わかってます?今回の目的」「を治すんですよね」
「うわぁ、やっぱりなんか違うな」「別世界のような気がするな」

着いてみると、そこには一枚の案内板。

「…」
「閉山してんじゃん」「まぁそうゆうわけで、一応…エンド」「帰りましょ」

かくして調査不足、予定外の連続であった闘痔(湯治)の旅の珍道中は、最後もダジャレでの幕引きとなった。

※水曜どうでしょうDVD第2弾「サイコロ1/粗大ゴミで家を作ろう/闘痔の旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント