水無海浜温泉

みずなしかいひんおんせん
カテゴリ:『地』
場所:北海道

基礎情報

水無海浜温泉(みずなしかいひんおんせん)」は、北海道函館市椴法華(とどほっけ)地区にある温泉。

入浴できる宿泊施設もあるが、主に海岸につくられた無料露天風呂で知られる。

足元から湧く源泉と海水が混ざり合う浴槽は、満潮時には水没してしまう。そのため実質的には干潮時の前後しか入浴できず、函館市椴法華支所の公式サイトでは参考の入浴時間を公開している。

「水曜どうでしょう」では

  • 【闘痔の旅】で海岸の無料露天風呂に(満潮時に)湯治に訪れ、大泉さんは心臓マッサージをしてから入浴した。
水無海浜温泉

「水曜どうでしょう」での登場シーン

闘痔の旅

激走!24時間大泉洋くん闘痔(湯治)の旅、4つ目の温泉に「水無海浜温泉」が登場。

川沿いの3つめの温泉「平田内温泉」の後、疲れて出演陣は車で爆睡。HTB出発から11時間経過した午後3時に到着。海のすぐそばに車を停める。

「我々が寝てる間にですね」「亀田半島の東端?」「椴法華村?」「どこだいそれ!
「今度はですね、海のとなりです」「早速、を治しに」「おぉ忘れかけてた」

川沿いの温泉の次は、海が見える温泉ということだが。

「あそこですね」
「いやいやいや、ガンガン海の水が」「あれは海の一部だよね」「じょおだんじゃない
「こんなとこに誰が入れるかっ!」

すぐに映像は、波打ち際と化した湯舟の横で心臓マッサージをする裸の大泉さんへ。

海の荒波を頭からかぶりながらの入浴となった。

次の目的地へ。

「どうだい、おしりの調子は」「あれはだからね、ただの」「海に入っても痔は治らんだろ」

※水曜どうでしょうDVD第2弾「サイコロ1/粗大ゴミで家を作ろう/闘痔の旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント