熊の湯(平田内温泉)

くまのゆ ひらたないおんせん

基礎情報

平田内温泉(ひらたないおんせん)」は、北海道二海郡八雲町熊石平町にある温泉。

傍には平田内川が流れ、温泉地としては宿泊施設と日帰り入浴施設がある。また、そこから川を数km上った源泉施設の近くには、渓流横の岩をくりぬいて作られた無料露天風呂「熊の湯(くまのゆ)」があり、これは周辺に“熊出没注意”の看板もある野湯である。

「水曜どうでしょう」では

  • 【闘痔の旅】で「熊の湯」に湯治に訪れたが、先客の御婦人方が居て大泉さんが交渉に向かった。
  • 【カントリーサイン2】では夜間に向かうことになるが、通行止で断念、一同ひと安心となった。
熊の湯(平田内温泉)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

闘痔の旅

激走!24時間大泉洋くん闘痔(湯治)の旅、3つ目の温泉に「熊の湯(平田内温泉)」が登場。

2つ目の「二股ラヂウム温泉」から南下し、日本海側の熊石町へ。

「秘境だそうです」「があって、そこの横にがあるんだって」「どういうとこなのかねぇ」「から川の横に穴がある」

付近に到着し、徒歩で川沿いにある秘湯を探す。

“熊出没注意!”の看板を発見。

だよねコレね、っていう字じゃないよね」

迷いながらも川岸にそれらしき場所を発見。大泉さんはたまったお湯をお尻につけていく。

「え?」「やだよ…なにこれ」「ウニみたいにたまってるものは」
「いい感じ?」

しかし、目的の温泉はもう少し川を上った別の場所と判明。施設の方に聞き取り。

気を取り直して向かう。が、すでに先客の御婦人方が入浴中だった。

「変なババアが…」「我が物顔でもう…」「低姿勢、低姿勢」「あ、ちょっとね先客がいらっしゃいまして」「とんでもない剣幕で…」

せっかくならと道端に湧き出る温泉で温泉玉子を作り、低姿勢で待機。

しかしそれでもなかなか出て来ないため、大泉さんが単身、交渉に向かうことになる。

「背中流して帰ってこい」
「もうだめだ」「だからあたしテレビってきらいってこうです」「これねぇちょっとやばいですねぇ」
「じゃ温泉玉子

テレビ界を代表して怒られ、桶も置き忘れて逃げかえってきた大泉さん。固茹でになってしまった温泉玉子で元気を出す。

結局、御夫人方が出るのを待ち、やっとのことで入浴。

※水曜どうでしょうDVD第2弾「サイコロ1/粗大ゴミで家を作ろう/闘痔の旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ

※映像には登場しない。

抽選した順に北海道内の市町村を回る、カントリーサインの旅の続編。

企画終盤の夜間、「大成町」からカントリーサインの旅企画最後の目的地ともなる「上ノ国町」へ向かう途中、藤村Dから怖いもの見たさの提案。

平田内温泉が今このすぐ近くなんですよ」
「出演者ふたり入れって」「風呂は入りたいけどあそこはやだよ」「みんなだったら俺も入っても」「みんな入るよ」

ただでさえ夜間の入浴は怖いであろう「熊の湯」だが、この企画に至っては移動中の車内で稲川淳二の怪談ばかり聞き、夜は一同ちょっとしたことでも怖がるようになっていた。

向かう道には「通行止」の立看板。

「なんだなんだ残念だなぁ」
「なにみんなホッとしてんだよ」

※水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント