東吉野村(奈良県)

ひがしよしのむら
カテゴリ:『地』
場所:奈良県

基礎情報

東吉野村(ひがしよしのむら)」は、奈良県吉野郡に属する村。

1905年(明治38年)、現在は絶滅種とされるニホンオオカミが最後に捕獲された地(当時の吉野郡小川村鷲家口にて)として知られている。

県道16号沿いには、その個体をモデルとした等身大の「ニホンオオカミ像」が設置されている。

尚、標本(剥製)は“採集地ニホン・ホンド・ワシカグチ”と記録され、現在はイギリス・ロンドンの「大英博物館(British Museum)」によって保管されているが、展示はされていない。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付日本列島】にて、ミスターの調査により前日に急きょ変更されたルートで通過。「ニホンオオカミ像」前では、マルシン出前機の性能に関する実験結果を確認した。
東吉野村(奈良県)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

原付日本列島制覇

原付(カブ)で東京・羽田から高知・桂浜を目指した4年ぶりの旅企画にして原付(カブ)企画最終章。

三重県伊勢市から和歌山県の山奥「龍神温泉」を目指した4日目、カモフラージュによってソバ屋と大工になった2人は「高見峠」を越えて奈良県は吉野郡東吉野村へ。

「いい道だねぇ」
「ニホンオオカミ像っていうのがありますね」

この道は、ミスターの調査によりディレクターが予定していた国道425号が“酷道”と呼ばれる悪路であることが判明し、慌てて前日に変更したルートだった。

「あら、もう87キロ」「信号が無いからね」「返す返すもルートを変更して良かったですな」
「僕ってやっぱりそういうとこ固執しないから」「艦長たる者の度量の大きさ」「下々の者であってもねいい意見があればどんどん採用していく」「指揮官のあるべき姿ですよね…」
「まぁいかんせん指揮官がなんにも調べちゃいねぇもんだから…」

その後も“指揮官”は確実に道順を指示していった。

「これ どっちですか?」「え?何がですか?えーとちょっと待って下さい」「16号の方に決まってるじゃないですか」「16号だって言ってんだろ!
「また今、完ペキ慌てましたね」
「指揮官たる者ね慌てた姿を見せるってのは一番いけない」

また、この時ソバ屋さんのマルシン出前機に積まれた岡持ちの中には“実験”として「伊勢茶」で満たしたどんぶりが入っており、「ニホンオオカミ像」前にてその結果を確認する。

「なんの問題も無いですよ」
「ソバ屋さん…」「なんすかこれ…」「あるでしょ」「ほら」「やめなさいって」

さらに、そこからは大工さんがマルシン出前機を初体験することになる。

「お互いの仕事を知るってやっぱり大事でしょ」
「汁…もっかい足して」「やっぱりねここは…宮大工の繊細な走りをね」
「そんなに入れてました?」

この後、吉野村にかけてマルシンを載せた宮大工の仕事の話。

そして走行100キロ地点ではミスターの甘い物対決再戦と、盛りだくさんの内容で奈良県を通過していく。

「おぉ…なんだこれ」「うぉっと
「もうスゴイ勢いで…こぼれてますけど」

※水曜どうでしょうDVD第29弾「原付日本列島制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント