坊ちゃん団子

ぼっちゃんだんご
カテゴリ:『食』
場所:愛媛県

基礎情報

NO IMAGE

坊ちゃん団子(ぼっちゃんだんご)」は、愛媛県松山市の銘菓で、道後温泉街の名物。夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場した団子にちなみ「坊っちゃん団子」 として売られるようになった。

元祖は道後温泉街にある「つぼや菓子舗」の三色団子。

「水曜どうでしょう」では

坊ちゃん団子

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ1

初回企画、愛媛県松山市「道後温泉」での2回目の運命の選択は「⑥謎のまち 臼杵(大分)」。

四国に来てもうどんも食えずに出発。時間がない中、名物として「じゃこ天」と「坊ちゃん団子」を購入。

謎のまち臼杵(うすき)に向かう道中、特急「宇和海3号」の中で紹介される。

「時間ないってもこうゆう物は買っとかないとね」「甘めぇんだこの団子が」

※水曜どうでしょうDVD第2弾「サイコロ1/粗大ゴミで家を作ろう/闘痔の旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント