カンポ・デ・クリプターナ

Campo de Criptana

基礎情報

カンポ・デ・クリプターナ(Campo de Criptana)」は、スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州にある町。

市街地の北側に風車が10基並び、これらはミゲル・デ・セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」の一節で、主人公ドン・キホーテが巨人と間違えて突進した風車群のモデルとされている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパ完】にて訪れ、風車を見物した。
  • (※到着前、初めに道の左前方に見えた4基の風車はカンポ・デ・クリプターナではなく、「アルカサル・デ・サン・フアン」南東の丘にあるもの。)

カンポ・デ・クリプターナ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編

9年越しの思いを完結させるべく、21ヵ国を20ヵ国に無理やり書き換え、イタリア・ローマからポルトガルのロカ岬を目指したヨーロッパの旅第3弾。

9年前は国境を越えただけですぐに引き返してしまったスペインも、この旅ではたっぷりと横断。

移動6日目はラマンチャ地方を通過。

「ドン・キホーテの看板みたいなのが」
「撮れてるかい?嬉野くん」「撮れたでしょう」「もちろん撮れた」「…言わない
「裏からでもいいんだよ」「…もう回す気もないね

風車の町「カンポ・デ・クリプターナ」に立ち寄る。名前はなかなか覚えられない。

「簡保の宿でクリスペプラーって覚えればいいんじゃないか?」
「それどういう意味?」
「カンポ・デ クリス…クリスターナー?」「かんぽの宿でティナターナーの方が…」

町に入ると高台に並ぶ風車が見える。

車を降り、風車群を目指して街を上っていく。周りの家々は青と白の2色に塗られている。

「大泉さんのこのシャツの色とね合いますね」「おんなじ色使いだね」
「あ見えてきましたよ」

青空の中に堂々と並んで立つ風車。

一同はドン・キホーテの心情にも共感を覚えていた。

「見て下さいこれ…」
「巨人と間違えてもしょうがないですよね」「挑みたくなりますもんね」
「やぁいいですなぁ…」

そして、ここで大泉さんは撮影を控えているドラマのために“70”の日焼け止めクリームを購入、以降はまっ白の顔で旅を続けることになる。

「ちょっと…塗り過ぎでないすか?」

※水曜どうでしょうDVD第28弾「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント