サグラダ・ファミリア

La Sagrada Família

基礎情報

サグラダ・ファミリア」は、スペイン・バルセロナにあるキリスト教カトリック教会の教会堂。日本語の正式名称は「聖家族贖罪教会」。

1882年に着工し、現在も建設が行われている未完成の建築物。完成予定は2026年とされている。

着工翌年から2代目建築家として引き継いだアントニ・ガウディがその後の生涯を捧げた作品として知られ、「アントニ・ガウディの作品群」として「地下聖堂」「生誕のファサード(正面部)」の部分がユネスコ世界遺産に登録されている。

尚、日本人彫刻家の外尾悦郎(そとおえつろう)氏が主任彫刻家として従事している。

「水曜どうでしょう」では

サグラダ・ファミリア

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編

9年越しの思いを完結させるべく、21ヵ国を20ヵ国に無理やり書き換え、イタリア・ローマからポルトガルのロカ岬を目指したヨーロッパの旅第3弾。

南フランスのエクス・アン・プロヴァンスを出発し、スペインに入国する移動4日目。

9年前は国境を越えただけですぐに引き返してしまったスペインも、この旅ではたっぷりと横断。

この日の目的地バルセロナでの見どころ「サグラダ・ファミリア」

「ガウディの…」「今でも造ってる…」
「見ましょうよ」「できればどうでしょう班で塔の1本ぐらい建ててあげたい」

しかしこの日は朝から道に迷い、ミスターは地図との睨み合い。

大都会バルセロナに入ってからも車で街を彷徨い、30分以上経ってようやくサグラダ・ファミリアの一角を視界にとらえる。

全貌が見えると、絶賛建設中のその堂々たる姿に一同は目を奪われた。

「うわぁーすげぇー」「うわめちゃめちゃ造ってんじゃん今」

車を降り、間近で建設状況や数々の彫刻を見物。

「裏側行ってみますか?」
「手間という手間を…」
「すごいな…」「ロッククライミングの人たち登りやすそうな…」

この後、疲れた一行はバルセロナのホテルへ。そこでは、プレッシャーの中で道中地図と格闘していたある人物の身に異変が起きてしまう。

※水曜どうでしょうDVD第28弾「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント