サンマリノ共和国

Republic of San Marino

基礎情報

サンマリノ共和国(Republic of San Marino)」は、イタリア中部に約61㎢の領土を持つ独立国家。現存する中では世界で最も古い共和国(共和制国家)とされる。

「ティターノ山」の頂上にある旧市街は城壁に囲まれており、エレベーターやロープウェイが通っている。

旧市街などの地は「サンマリノの歴史地区とティターノ山」として2008年にユネスコ世界遺産に登録された。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパ完】にて訪問。番組にとってはヨーロッパ19ヵ国目となる。
  • “イタリア国内にあるが、れっきとした独立国。標高739mのティターノ山を中心とした山岳国家。” “断崖にそびえる3本の塔が国の紋章” “宮殿を中心とした町は城壁に囲まれており、内部は車両進入禁止となっている。” “観光は徒歩で”などと紹介されている。
サンマリノ共和国

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編

9年越しの思いを完結させるべく、21ヵ国を20ヵ国に無理やり書き換え、イタリア・ローマからポルトガルのロカ岬を目指したヨーロッパの旅第3弾。

18ヵ国目「バチカン市国」を徒歩で制覇した移動初日、大泉さんの脚を使って位置関係が説明された次なる未踏破の国「サン・マリノ」(ふくらはぎの方)

その日の内に目指す予定だったはずが、ローマ脱出に大苦戦。

フィレンツェまで北上して一泊し、19ヵ国目となる「サン・マリノ」は2日目に制覇となった。

シャワーも浴びていない大泉さんは昼からビールとワインをあおり、道中は“酩酊”しながら後部座席から“内務調査”。

「崖の上にお城がある」「見えてきましたよ」
「すごいよあれ」
「ほんと断崖絶壁にあるね」

山岳地帯の小国家。観光は徒歩。

企画開始前のローマで個人的に捻挫を負ってしまった藤村Dの左足首は徐々に悪化していた。

「またですよ」

車を降り、エレベーターに乗ってへ城壁内へ。

旧市街は石畳の上り坂。

思い起こせば初日から徒歩での散策が多く、またこの日、出発前のフィレンツェでは意図せず「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の階段をひたすら上らされたところだった。

「いや今日は登るなオイ」
「オレ悪いことしたかな?」「してんじゃないか、いっぱい」

そして街並みとアドリア海を見渡す絶景

ここでようやく、大泉さんが着るTシャツのイタリアの中に、2つ目の赤い点が描かれた。

「おぉ…すごい」「あっちだ」
「あとひとつですよぉ」
「時刻の方、まもなく午後7時」

広報用に大泉さんの顔の写真も撮影される。

「もうちょっとシブく」「もっとシブいやつですね」
広報ですお願いしまぁーす」「あぁ頂きました」
「いやキミさぁ…」「あぁいいですね」「今のゴネ顔ください」「広報です」
「全く話が相変わらず通じねぇな…キミとは」「10年間通じない」「日本人か?」

サン・マリノを出国した一行は、2日目の目的地としたボローニャへと向かった。

※水曜どうでしょうDVD第28弾「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント