繁多寺

はんたじ
カテゴリ:『地』
場所:愛媛県

基礎情報

繁多寺(はんたじ)」は、愛媛県松山市にある寺で、四国八十八箇所霊場の第50番札所

松山市内を見渡せる立地にあり、また、一帯は「景観樹林保護地区」に指定され、桜や紅葉の名所としても知られる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【四国3】にて大泉さんには知らされずに、「チームナックス」リーダー森崎さんとの待ち合わせ場所となった。
  • 待ち合わせ場所はロケの前年から「繁多寺」と決まっていて、理由は“松山空港から近いから”。“四国の繁多寺で森崎くん待ってろ”とだけ言われ、森崎さんは1人でこの寺までやって来た。
  • 【四国1】及び【四国2】でも平常通り参拝している。
繁多寺

「水曜どうでしょう」での登場シーン

四国八十八ヵ所Ⅲ

試験に出るどうでしょう 日本史の罰ゲーム、2年ぶり3回目のお遍路は初の「逆打ち」(香川県88番から逆回りで巡拝)に挑戦。

また、満点を取れなかった両生徒ミスターと安田さんも初めて参加していたが、生放送の帯番組を持つ忙しい2人が確保できた日程は前半2日間のみ。

「道後温泉」で2人と別れた3日目、お馴染みの画に戻って大泉校長はまたひとりお遍路を始めた。

本当はやっぱり寂しい大泉校長。

そして車は第50番札所「繁多寺」へ。

「ここでいいかな?せっかくだからもうちょっと向こう行くかな」
「おっきな声でいけ」
「50番、はんだじ!はい!回路はい!半田ごてではいぃ…」

突如、本堂から猛然と向かってくる白衣の人影。

「…50番!」「ファンタジぃぃー!

大泉さんが所属する劇団「チームナックス」のリーダー森崎博之さん。

驚きすぎた大泉さんの身体は固まり、しばらく声が出ていなかった。

すごくびっくりした…」「来てたの?」
「大っきい声出されたから…」「すごい怖かったんだ、スゴイ勢いで走って来る…」「びっくりしちゃってちょっと心臓痛い…」
「大泉さん…すっかりで…」

リーダー森崎さんはひとりで繁多寺まで来た後、登場までの間、本堂の前で40分間も祈り待機していたという。

「8時半の飛行機で着いたからねぇ」「ここまでじゃあひとりで…」
「森崎くんかわいそうだなぁ…こっからすごい過酷だよ」

うどんにも明るく案内役を張りきる森崎さんだったが、「逆打ち」を知らされておらず、香川県が既に終わっている事を聞いて肩を落とした。

その後、応援として呼ばれたはずの“ひとりで繁多寺に来るタレント”森崎博之はひとり浮かれてフルスイングを続け、幾度となく寺に置いていかれそうになりながら、「試練の道場」高知へと連れられていく。

尚、繁多寺でのこのシーンは、DVDジャケット及びDISC1のデザインになっている。

※水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所Ⅲ/日本全国絵ハガキの旅2」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント