はづ別館(湯谷温泉)

はづべっかん ゆやおんせん
カテゴリ:『宿』
場所:愛知県

基礎情報

はづ別館」は、愛知県新城市にある湯谷温泉の温泉宿。

大正ロマン風の建物と民芸調の内装、窓からは渓流の眺めが広がる。

風呂は3種類で男女交代制。

「水曜どうでしょう」では

  • 【試験日本史】にて宿泊。部屋では生徒ミスターが本格的に小芝居に参加(というより独壇場)、三方ヶ原の戦い及び武田信玄についての授業が行われた。
はづ別館(湯谷温泉)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

試験に出るどうでしょう 日本史

安田さんを生徒に迎え、ミスターも初めて生徒となり、第3弾にしてついに大泉校長自ら教鞭をとった試験に出るどうでしょう。

“日本史を体感する”をテーマに各地で小芝居を交えながら織田信長・天下統一への足跡を追ったこの企画。

近江の国(滋賀県)をスタートした2日目。

「小谷城」での浅井長政とお市の方との悲劇を終えると、同時期の巨大勢力・武田信玄との経緯を知るため三河の国(愛知県東部)へ。

「おまえもう京都入れると思ったろ」「馬鹿野郎!戻るっつってんだ」

「湯谷温泉」旅館のひのき風呂に鋭くうなった後、お部屋でこの日最後の授業が始まる。

そこには、先の小谷城にて新たに芝居に加わった大げさな役者の姿は無かった。

「マンツーマンでいくから」「す…鈴井さんは?」

授業はもはや(というか初めから)テスト勉強というより、興味を引きそうな話を取り上げた寸劇となる。

大泉校長は「三方ヶ原の戦い」についての話を始めた。

「すっかり私講談師のように…」「授業というよりもただただ 泣ける話 おもしろい話」
「…一五七二年にもちょっとおもしろい話があるんだ」「今日はその一幕を」「メモは後でいい、話を最後まで聞きなさい」
「…ところがこの時、家康がとった行動…」「ちょっと見てみよう!

VTRを交えた本戦についての簡単な説明の後、授業(小芝居)は浜松城へと敗走した家康の「空城の計」が中心となった。

颯爽とどこからか男が登場、1人2役を演じる。

おいっ!城の門を開けておけ」「お主!笛を持てぇ」「笛を吹けッ!」「いいからやるのじゃぁ!
ははーん 家康め」「ものども!攻撃は中止じゃぁ!」
「どこへ行くんですか?あの人」
「わかった?今 お芝居に熱中するあまり…」

突然吹けない横笛を吹かされ唖然としていたビン底メガネの生徒・安田さんは、内容の理解に度々時間を要した。

最後に“Shingen”が腹痛に倒れ、この日の授業が幕を下ろす。

(この授業の様子はDVDのジャケット及びDISC2のデザインになっている。)

「その途中になぜか武田軍は方向を変えて国へと戻り始めた」「どうしてだと思う?」「信玄さんお願いします」「…はい、信玄さんありがとう」
「このような運もあって信長の天下統一はさらに完成に一歩近づいた。と」
「それはまた次回の講釈で…」

翌朝3日目、お部屋の畳の炉を前に正座で並んだ3人は、これまでの学習のおさらいを行う。

校長は指示棒が折れるほどの折檻によって生徒たちの頭に再度内容を叩き込んだ。特に鈴井君は“忘年会気分”、昨夜は三文芝居を終えた後ひとりだけ9時に就寝していたという。

また、校長による入試必勝コーナーもここで行われ、この日は弥生文化の遺跡についての新しい語呂が発表された。

「弥生さんの人柄、そして人生」
「交友関係広いんだ弥生さんは」「弥生さん静かにトロ食い 健さんは水だ」「遊びが過ぎて弥生さんはお金に困った」
「波乱万丈の人生」

※水曜どうでしょうDVD第25弾「5周年記念特別企画 札幌~博多 3夜連続深夜バスだけの旅/試験に出るどうでしょう 日本史」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント