青葉城址(仙台城跡)

あおばじょうあと せんだいじょうあと
カテゴリ:『地』
場所:宮城県

基礎情報

青葉城(あおばじょう)」とは、「仙台城(せんだいじょう)」の別名で、宮城県仙台市青葉区(当時の陸奥国宮城郡)にある青葉山に築かれていた城。両名称ともに使用される。

仙台藩初代藩主・伊達政宗によって築城され、代々伊達氏が居城としていた。大規模な山城で戦火を浴びることなく役割を終えたが、その後解体や仙台空襲を経てわずかな遺構を残すのみとなっている。

現在は敷地の一部が「青葉山公園」として整備されており、本丸跡には伊達政宗騎馬像などが設置されている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【対決列島】第五戦・宮城対決(7,000ポイント)の会場となり、お盆で提供されたずんだ餅で対決。魔神の恐ろしさを改めて目の当たりにした。
  • 番組では“青葉城跡(あおばじょうあと)”と紹介。
青葉城址(仙台城跡)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

対決列島~甘いもの国盗り物語~

通過する各都道府県で早食い対決を繰り広げながら鹿児島へ向けて日本列島を縦断。

2日目、宮城県に入り「青葉城跡」にて第五戦・宮城対決(7,000ポイント)が行われた。

お茶と共にお盆で上品に提供された「ずんだ餅」にて、魔神の真の恐ろしさを目の当たりにする。

※水曜どうでしょうDVD第23弾「対決列島~甘いもの国盗り物語~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント