六本木プリンスホテル

ろっぽんぎプリンスホテル
カテゴリ:『宿』
場所:東京都
※閉館

基礎情報

NO IMAGE

六本木プリンスホテル」は、東京都港区六本木にかつてあったホテル。

斬新なデザインの都市型ホテルとして1984年に開業。 バブル崩壊後の不況で客足が遠のき、2006年に営業終了

現在跡地には住友不動産六本木グランドタワーが建ち、 テレビ東京本社などが入居している。

「水曜どうでしょう」では

六本木プリンスホテル

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ1

「水曜どうでしょう」オープニングを飾る、アン・ルイスとのインタビュー収録が「六本木プリンスホテル」にて行われた。(DVD等にインタビュー映像は無い)

企画担当の鈴井さんとディレクター陣は、東京に来たついでに、ある企画を考えていた。

1996年9月12日木曜日午後2時18分、ここからすべてが始まった。

“収録が終わると、出演者2名を前に、ディレクターの1人が、小さな家庭用ホームビデオを回し始めた”

当時まだ現役大学生の大泉さんにはその後の内容は知らされず、その夜は“品川プリンスホテルに一泊し、そこで企画をみんなで考える”と聞かされていた。

「あそこにまだアンはいますね」「せっかく東京にやってきたんだから」「ただ帰るんじゃつまんない」
「考えましょう」「普通は考えて来るんでしょうけどね」「考えてきてます

鈴井さんは、“アンルイスの取材で東京までせっかく来たんだから何かやってから帰りましょう企画 第1弾”と銘打たれ、サイコロの目と奇妙な名前が書かれたフリップを取り出す。

以降は恒例となる何も聞かされていない大泉さんも、この時は必死で話を合わせるしかなかった。

「あるんじゃないですか鈴井さん」「これは何でしょう」「景品かなんかですか?」「テーマパークだとか」「エキシビジョン…」「落ちるやつですかぁ?」

もやは頭は空っぽの大泉さんに、企画の全容が明かされる。

「おっ、バスの名前…?」「おーっとそれは一体またなぜ?」
あーっと、聞いてないなぁ

六本木プリンスホテル前にて、大泉さんが最初にダマされ、サイコロ最初の第一投目が振られ、「水曜どうでしょう」の最初の企画が始まった。

最初に出た目は「③オレンジライナー 松山」。乗車時間12時間以上の愛媛県行き深夜バスであった。

「逆行ってどうすんの」「行きましょう」

※水曜どうでしょうDVD第2弾「サイコロ1/粗大ゴミで家を作ろう/闘痔の旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

サイコロ2~西日本完全制覇~

概要

秀樹ルックの衣装をきめて、西城秀樹のインタビューへと意気込む大泉さん。しかしそこにヒデキの姿は無く、見覚えのあるフリップを持った、見覚えのある男の姿が。

「着実にステップアップしてるなぁ僕は。今度ヒデキだからね…」

「旅に出るよ」「六本木プリンスって言った瞬間にわからないか?」

水曜どうでしょうDVD第3弾「サイコロ2~西日本完全制覇~/オーストラリア大陸縦断3.700キロ」/北海道テレビ放送株式会社 より

リヤカーで喜界島一周

※話題のみ

概要

話題のみ。前乗りした羽田東急ホテル350号室にて、ほとんど眠れずに朝を迎えた大泉さん。テレビ朝日の待遇を引き合いに出し、ベッドの質の悪さを訴える。

「六本木プリンスホテルのツインルームをシングル使用してる男だよ」「しかしこのHTBではだ」「ツインルームの4人使用」

水曜どうでしょうDVD第3弾「サイコロ2~西日本完全制覇~/オーストラリア大陸縦断3.700キロ」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント