ピョウタンの滝

ピョウタンのたき
カテゴリ:『地』
場所:北海道

基礎情報

ピョウタンの滝」は、北海道河西郡中札内村(なかさつないむら)にある滝。

札内川の上流部に位置するこの滝だが、自然にできたものではなく、小水力発電所のダム(「農協ダム」)が豪雨による土砂で埋没した末に形成されたもの。

再建を断念するほどの自然災害であったが、残ったダムの堰堤(えんてい)は自然の岩石と相まって美しい滝を作り、いつしか「ピョウタンの滝」と呼ばれて人々が集まるようになった。

「水曜どうでしょう」では

ピョウタンの滝

「水曜どうでしょう」での登場シーン

十勝二十番勝負

北海道・十勝支庁(当時)の20市町村をすべて回り、住民のオススメと対峙していく二十番勝負。

六番勝負の「中札内村」。草刈り中のお父さんが遠慮気味に教えてくれた「ピョウタンの滝」

人工物に自然の力が加わって形成された景観、柳生さんの紹介も入る。

びっくりピョウタン
「想像したものよりははるかに良かったですね」「いやもうナイアガラの滝と見まごうばかりの」

ミスターも納得の景勝地であったが、それと同時に初日も午後6時を回り、つらい時間となってくる。

「ただねぇ大泉さん…」「感動してられないんですよ」
「もう我々ヘトヘトですから」

ここで次の対戦相手に十勝川温泉の町「音更町」を引き、元も子もないミスターの荒業へと続く。

※水曜どうでしょうDVD第11弾「桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5~キングオブ深夜バス~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント