ビビンバ

비빔밥

カテゴリ:『食』

場所:韓国


【韓国食い道楽】

基礎情報

ビビンバ」は、韓国の代表的な米料理。

主に米飯の上に肉やナムル、キムチ、卵などの具を盛り付け、コチュジャンなどの調味料を加えながら混ぜて食す。

地域や好みによって様々なバリエーションもあり、中でも国の無形文化財に指定されている「全州(チョンジュ)ビビンバ」はよく知られている。

韓国館」及び「韓国屋」はどちらも全州市にあるビビンバの有名店。

「水曜どうでしょう」では

  • 【韓国食い道楽】全州にて堪能し、店は間違えていたものの、企画内で唯一ともいえる全員が満足したグルメとなった。
  • 目指していた店は「韓国」、実際に入った店は「韓国」。

ビビンバ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

韓国食い道楽サイコロの旅

油断した大泉さんを国外へ連れ出して敢行された、韓国での食い道楽サイコロの旅。

2日目、昼食の選択ソウル編にて鈴井さんが振った、というか不意に落としてしまったサイコロの目は「③全州(チョンジュ)でビビムパ」

これが採用され、韓国の有名グルメに希望が湧く。

“食は全州に在り”の全州でしょ?」「ようやく」「韓国らしくなってきたよぉ」

企画が始まってから、それまでにまともに食べたのは韓国菓子のみ。

手強い相手の特急「ムグンファ号」で身体中を痛めながら、食の街全州(チョンジュ)市へ。目指すのはうまいビビムパの店「韓国屋」

「韓国でいちばんおいしいという」「味はもちろんのこと、彩り」
素敵だねぇ」「食べないと…」「死んじゃうから…」

お店を見つけて大泉さんが引いたカードは「全員食える。」。抱き合う2人。

全員で美味しいビビムパにありつくことができた。

企画中はそれまで、“喧嘩”“訴える”“クーデター”“自然とハンガーストライキ”などの言葉をしきりに並べていた大泉さんも、絶品ビビムパの力で一転、4人の結束を語り始める。

「んまい!」「韓国来てよかったねぇ」
「やっぱどうでしょうねぇ4人でひとつ」「4人食べれなきゃ意味がない」「キミ達が食べられないんだったら僕は食べないよ」
「この旅でねぇいよいよ結束を固めようと僕は思ってました」

ところで、4人が入ったお店の名前は「韓国

「店が違うねぇ…」「それ…韓国って書いてあるでしょ?」「ですよここは」「行こうか?」「もう食えません」

お店を間違えたことに気づくものの、もう満腹。

ともかく、ビビムパが企画内で唯一、韓国グルメに全員満足した食べ物だった。

※水曜どうでしょうDVD第5弾「北海道212市町村カントリーサインの旅/宮崎リゾート満喫の旅/韓国食い道楽サイコロの旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント