萬波 MANPA RESORT

まんぱリゾート

基礎情報

萬波(MANPA RESORT)」は、和歌山県和歌山市にあるホテル。

海岸景勝地「和歌浦(わかのうら)」の岬に建つリゾートホテルで、湾を一望できる温泉露天風呂がある。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付日本列島】にて宿泊。企画最後の宿。
  • ミスターが最終日の「マルシン出前機」の装着を賭けた、過酷なスイカ早食い対決が行われる。
萬波 MANPA RESORT

「水曜どうでしょう」での登場シーン

原付日本列島制覇

原付(カブ)で東京から高知・桂浜へと向かう道中、移動5日目を終えて「萬波 MANPA RESORT」に宿泊。

この日は移動距離が約100キロと短く、早めにホテルに到着。

部屋、残すところあと1日となり、目的地高知までの行程を確認。本来は東京-京都間と四国を巡って原付(カブ)による日本列島制覇を完遂するという目的の企画であったが、“やってらんない”ため、京都も経由せず最短距離で桂浜を目指すことに。

「明日1日で行けるんですか?」「フェリー使います」「やってらんないでしょ」
「ルート確認したんですか?」「懐が深いんじゃないんだよ、調べ方が浅いんでしょ」

また、この日途中のカキ氷対決によって、ミスターは最終高知までの「マルシン出前機」(重さ約14キロ)装着が決まっていた。

疲労の溜まったミスターに情けがかかる。しかし、それを受け入れないミスターの意地。

実はその反応を待っていた藤村Dのワナ。

「明日は外した方が…」「いやいいですよ」「高知まで付けるって約束で…」「そうやってねミスターねぇ」「いやそんなにね付けたいんだったらさ」「いやいや…」「外したいんだオレは」「ミスター付けたいって」「くい違ってんだ」
「言っててもしょうがないから、あとは男の勝負だ」「今回ミスター勝ったら、付けろよ」「おぅ…」「おぉ?

今夜も悪人が動き出し、もはや互いの利害関係すら破綻した早食い対決へ発展。

途中カブの積み荷として購入し、特に考えもないと思われていたスイカと鹿の角がここで登場。スイカを食べきってシカの角を頭に付け、「シカでした」と間抜けに言った方の勝ち。

「買ったなぁ」「ようやく繋がってきましたか」「スイカは勝てますよ」「明日絶対マルシン付けれますよ」
「勝てばいいんだよね?」

地味で伝わりにくいが、これまでの対決の中でもかなり壮絶な種目となる。齢も重ね、疲労も蓄積しているミスター。

藤村Dに至っては後半大泉さんの実況がツボに入ってしまい、全くスイカが進まなかった。

「地味な…」「すごい量あるな」「お互いのスピードががっくり落ちました」「止まった止まった」「明らかにスイカが止まりました」
「ミスターが今、マルシンを最後まで付けることを賭けて戦っております」「やめてくれ…」「あれだけ最初は降ろしたがっていたマルシンを」「痛い痛い痛い…」「マルシン!マルシン!マルシン!

※水曜どうでしょうDVD第29弾「原付日本列島制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント