おばあちゃんのむかしのふ

基礎情報

おばあちゃんのむかしのふ」は、和歌山県の「株式会社オカザキ紀芳庵」が販売する焼き麩(ふ)。

味付けなどは特にされておらず、主に水で戻して料理の具材に使用する。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付日本列島】にて早食い対決種目として「でんがら」とともに登場。
  • 前夜の赤福対決でのミスターの丸飲みに対抗する策として魔神藤村Dが用意した。
おばあちゃんのむかしのふ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

原付日本列島制覇

移動3日目の夜、伊勢の宿にて、来たる4日目(約200キロ行程)の「マルシン出前機」(重さ約14キロ)搭載の有無を賭けた「赤福」対決が勃発。

久しぶりの「甘い物対決」にも関わらず、魂の奮闘によりミスターが勝利。ところが代理人大泉さんと藤村Dとの交渉が出した不可解な結論により、なぜか前半はマルシン有り、そして100キロ地点で再び対決が執り行われることに。

「100キロ走り切った時点でもうひと勝負すればいいじゃないか」「ちょと待て」「今の勝利はなんなんだよ」「僕が今ねぇまとめましたから話を」

移動4日目、奈良県大淀町付近にてその時が来る。

「でんがら」という名の未知の食べ物と、さらにはミスターの魂の丸飲みに対する防止策として麩(「おばあちゃんのむかしのふ」)を組み合わせた二種混合戦を提示する魔神藤村D。ミスターの代理人大泉さんは潔くそれを受ける。

「100キロ越えて走ったんで…」「やりますか」「かまわんよ絶対うちは負けないから」
「飯高名物でんがらっていうね」「これと…」「こういうのでこう」「これは丸飲みできねぇだろと思って」

昨夜の勝利で手ごたえを感じたか、包みの葉もろとも飲み込む勢いで「でんがら」を口に詰め込み続けるミスター。しかしとうに許容量を超えている口内からは異音が漏れ始め、後頭部には痛みが襲う。

今回はハンデもなく冷静に実力を発揮した魔神はもう食べ終わっているにも関わらず、ミスターを鼓舞し続ける大泉さん。

「さぁ怒涛の追い上げだ!」「勝負は全くわからない!」「ミスターがいった!ミスターがいった!」「まだわかんないよ」

すべてを食わされた上惨敗したミスターに、藤村Dは身もふたもない言葉をかける。

前夜の「赤福」対決と同様、結句、この勝負に特に意味は無かった。トップアスリート同士のよくわからない握手で無意味な戦いを終える。

「まぁ外してやってもいいんだけどね」「大体さ昨日の勝利であれ取っていいって言ってたんだからさぁ」
「どう見てもあのふはいらなかったね」

※水曜どうでしょうDVD第29弾「原付日本列島制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント