でんがら

カテゴリ:『食』
場所:三重県

基礎情報

でんがら」とは、三重県松阪市飯高町地域の郷土菓子で、餡(あん)入りの団子を朴葉(ほおば)で四角形に包んだもの。

シュロの葉の紐で横方向にも結び跡が付き、団子にできた跡が「田」の字に見えることから「田柄(でんがら)」と呼ばれるようになったとされる。また、田植えなど農作業を終えた後の「野上がり」という行事の際に各家庭で作られる風習があるため、「田(でん)」が「空(から)」になる事が由来といわれることもある。

中の団子はよもぎ団子と白団子、粒あんとこしあん等の種類分けもされる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付日本列島】にて早食い対決種目として登場。
  • 対決がスタートして葉を剥くまでは、誰も中身を知らなかった。
でんがら

「水曜どうでしょう」での登場シーン

原付日本列島制覇

原付(カブ)で東京から高知・桂浜へと向かう道中。移動3日目の夜、伊勢の宿にて、来たる4日目(約200キロ行程)の「マルシン出前機」(重さ約14キロ)装着の有無を賭けた「赤福」対決が勃発。

久しぶりの「甘い物対決」にも関わらず、魂の奮闘によりミスターが勝利。ところが代理人大泉さんと藤村Dとの交渉が出した不可解な結論により、なぜか前半はマルシン有り、そして100キロ地点で再び対決が執り行われることに。

「100キロ走り切った時点でもうひと勝負すればいいじゃないか」「ちょと待て」「今の勝利はなんなんだよ」「僕が今ねぇまとめましたから話を」

移動4日目、奈良県大淀町付近にてその時が来る。

「でんがら」という名の未知の食べ物と、さらにはミスターの魂の丸飲みに対する防止策として麩(ふ)を組み合わせた二種混合戦を提示する魔神藤村D。ミスターの代理人大泉さんは潔くそれを受ける。

「100キロ越えて走ったんで…」「やりますか」「かまわんよ絶対うちは負けないから」
「飯高名物でんがらっていうね」「なんだよでんがらって?」「いいねぇ、食べてみないとなにかわからない」

5個入りの謎の「でんがら」は魔神の気遣いで4個に。最後に麩を1個食べきった方の勝ちとされた。「でんがら」は中身不明のままスタート。

「なんだこれ」「あー!よもぎもちだぁ」「中は完璧あんこです!」「なんか色が変わった」

昨夜の勝利で手ごたえを感じたか、包みの葉もろとも飲み込む勢いで「でんがら」を口に詰め込み続けるミスター。しかしとうに許容量を超えている口内からは異音が漏れ始め、後頭部には痛みが襲う。

「ミスターそんなに入れちゃダメだって」「もうダメだ…」「んぐぐぐ」「たぁむ…」「あぅ」「ミスター口の中からでんがらが無くならない」

今回はハンデもなく冷静に実力を発揮した魔神はもう食べ終わっているにも関わらず、最後まで食べさせようとミスターを鼓舞し続ける大泉さん。魔神は5個目の「でんがら」を差し出し挑発。なぜかそれを受け取るミスター。

「さぁ怒涛の追い上げだ!」「勝負は全くわからない!」「ミスターがいった!ミスターがいった!」「もう一個あるぞ」「まだわかんないよ」

すべてを食わされた上惨敗したミスターに、藤村Dは身もふたもない言葉をかける。

前夜の「赤福」対決と同様、結句、この勝負に特に意味は無かった。トップアスリート同士のよくわからない握手で無意味な戦いを終える。

「なんで最後1個取ったの?」「まぁ外してやってもいいんだけどね」「大体さ昨日の勝利であれ取っていいって言ってたんだからさぁ」「でんがら食う必要なかったな…」
「具合い悪いっすよ」

※水曜どうでしょうDVD第29弾「原付日本列島制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント