山田家

やまだや

基礎情報

うどん本陣 山田家」は、香川県高松市牟礼町にあるうどん店。

広い敷地の中のお屋敷でうどんを味わうことができる。屋敷をはじめ一帯の建造物等はそれぞれ国の登録有形文化財に指定されている。

讃岐本店のほかには、東京スカイツリータウンに東京ソラマチ店が出店されていたが2020年に閉店。

どうでしょう班のお気に入りは看板メニューのひとつ「ざるぶっかけ」

「水曜どうでしょう」では

  • 【四国1】【四国2】【四国3】と、四国八十八ヵ所お遍路企画での香川県巡拝時に毎回立ち寄る。(讃岐本店)
  • 同店は第85番札所「八栗寺」へ行くためのケーブルカー乗り場近くに位置しており、ここのうどんを食べたいがために毎回予定が狂ってしまう。
山田家

「水曜どうでしょう」での登場シーン

四国八十八ヵ所

クイズ!試験に出るどうでしょうの罰ゲーム、出演者大泉さん1人その足で四国へ移動、受験生の合格を祈願して八十八ヵ所霊場をすべて巡拝するというお遍路企画第1弾。

お昼の飛行機までに香川県内の最後の8寺を回りきらなければならない最終日の4日目。

ケーブルカー行く第85番札所「八栗寺」に参拝後、昼食として「山田家」の麺が終わらないうどん(「ざるぶっかけ」)が登場。

うどん!」

札所は残すところあと3つ。

「いいかい大泉くん…もう11時だから」「飛行機やばいぞ」「12時に(88)大窪寺にいないと…」
「うどん…でやっぱりこれ、狂ったから」

※水曜どうでしょうDVD第14弾「クイズ!試験に出るどうでしょう/四国八十八ヵ所/釣りバカ対決 氷上わかさぎ釣り対決」/北海道テレビ放送株式会社 より

四国八十八ヵ所Ⅱ

試験に出るどうでしょう 石川県・富山県の罰ゲームとして大泉校長が全ての責任を取り、2年連続2回目のお遍路となった四国八十八ヵ所。

高松市でもののけ達と宿泊後、香川県の残り8寺を巡拝する5日目(最終日)。

お昼過ぎの飛行機に間に合うよう、午前中にすべてを終わらせ空港に着かなければならない日程だったが…

「八十八ヵ所を回りきるのと同じぐらいの比重で、山田家さんってとこのうどんを食いたいんですよ」
山田家さんの開店が10時」「それに合わせてっていうこともあるから」
「これだってうどんを食わないと回ってる意味ないから」

市街の渋滞を避けるため87番から逆打ちにて、10時過ぎに85番札所「八栗寺」のケーブルカー乗り場へ。

時刻表次第とのことであったが、もはやそれはあまり関係なく、彼らは先に「山田家」に向かった。

うどんをとったね」「これ…食わないと四国に来た意味無いから」
「四国最後のうどん!」「…んまい
「急げぇ…」

念願の「ざるぶっかけ」

わかってはいたが、判断を誤る。

「かなりヤバイよ」「うどんが響いてんのかい?少しは…」「やっぱりさっきの判断間違ったんじゃないか?」
「札幌帰れないかもしれないのにうどん食ったっていうのは…」「あれ3人ともわかってたはずだよ、食ったらヤバイな…って」
「ただ…食ったね

省みれば、この日は山田家の開店時間に合わせて出発も遅らせていたという。

ディレクターに苦言を呈す大泉校長であったが、実際は総意だったようだ。

「すべてを山田家さんのスケジュールに合してだ」
バカみたいにお土産のうどんを買って」「ミスターなんかに買わなくていいんだよ」「よっぽど僕は止めようかと思ったんだよ」
「何言ってんだよおまえうどん食い終わった後なんて言った?」「大盛りにしときゃよかったって言っただろ」

こうしてスケジュールは最後に破たんを迎えた。

※水曜どうでしょうDVD第19弾「試験に出るどうでしょう 石川県・富山県/四国八十八ヵ所Ⅱ」/北海道テレビ放送株式会社 より

四国八十八ヵ所Ⅲ

試験に出るどうでしょう 日本史の罰ゲーム。2年ぶり3回目のお遍路は、満点を取れなかった両生徒・ミスターと安田さんも参加(2日間のみ)。

また、初めて「逆打ち」(88番から逆回りでの巡拝)を試みたため、初日にして早くも85番札所「八栗寺」となる。

「次はですね85番寺、八栗寺」「おっ!もう早くも山田家さん」
「山田家は後にするかい?」「でもいいんじゃねぇのか?」「そうだな」「よし」「よし」

例によって「山田家」を優先し、初めて3人で恒例のうどんにうなった。

(校長・安田さんは「釜ぶっかけ」、ミスターは「ざるぶっかけ」

「うどん!」「うまい!!!

この年は生徒2人も来ていることから前半2日間は良い宿を取っており、宿入り目標時間の6時が迫る。

「ちょっと時間くったぞぉ」「4時だよもう」
「修学旅行に来てんじゃないんだよ」「両手に余るほどのうどんを買ってるけど…何しに来たかわかってんだろうね」

※水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所Ⅲ/日本全国絵ハガキの旅2」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント