小谷城跡

おだにじょうせき(あと)
カテゴリ:『地』
場所:滋賀県

基礎情報

小谷城跡(おだにじょうせき)」は、滋賀県長浜市にある国の史跡で、戦国大名の浅井氏が居城としていた小谷城があった土地。当時の地名は近江国浅井郡。

小谷山に築かれた堅固な山城であったが、織田信長の攻略によって落城。浅井長政とその父の久政が自害し、浅井氏が滅亡した。その後この地は、戦功のあった羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に与えられたが、秀吉は別所に長浜城を築いて居城としたため、小谷城は廃城となった。城自体も長浜城築城の資材に利用されたとされる。

現在は国の史跡として、山中に土塁や石垣などの遺構を見ることができる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【試験日本史】にて浅井長政とお市の方との悲劇の舞台として(山の斜面で)フィールドワークを実施。生徒の1人が初めて小芝居に参加する。
小谷城跡

「水曜どうでしょう」での登場シーン

試験に出るどうでしょう 日本史

安田さんを生徒に迎え、ミスターも初めて生徒となり、第3弾にしてついに大泉校長自ら教鞭をとった試験に出るどうでしょう。

“日本史を体感する”をテーマに各地で小芝居を交えながら織田信長・天下統一への足跡を追ったこの企画。

近江の国(滋賀県)をスタートした2日目、まずは「姉川古戦場跡」にて車から降りずにフィールドワークを終える。

「あの人どうなった?お市!」
「さてその時、お市は、浅井長政はどうなったのか?」「悲しいお話を校長からしていただきましょう」

信長の妹・お市の方と浅井長政のその後の運命を知るため「小谷城」へ。

雪の降る中、罰ゲームで行く四国を想わせる山道を車で進む。恒例となった四国巡拝も、この回は校長だけでなく最終テストで満点を取れなかった生徒も一緒に回ることになっていた。

の上なんですねぇ」「小谷城の城攻めはずいぶんときつかったそうですよ」
四国チックな感じが…」「気をつけないとちみたちこういうとこ連れてかれんだよ」
「まだこの上ですか?」「車ここまでなんじゃないすか」「これもう、ここでいいんじゃないですか?」
「行った方がいいんでないのやっぱり」「せっかくキミねぇ滋賀県まで来ててひとっつも画が変わんないよ

一行は小谷城の堅固さを体感。

先の姉川古戦場跡を車内で済ませてしまったこともあり、「本丸跡」を目指して徒歩で雪の山道を進んだ。

「だんだんがさぁ…」「こんなとこ行くの?」「これは…道じゃないよこれもう」「おかしいぞ」「いやいやいや…」
「いよいよ道がなくなりました!」「もう校長そこでいいんじゃないですか?」「ここはただのだよ…藤村くん、本丸でもなんでもない…斜面だけど」
「さぁここが!浅井長政とお市が居た小谷城です」

行き止まった山の斜面を小谷城本丸跡だと言い切り、浅井長政とお市の方との悲劇についての授業が始まる。

それまでは校長とディレクターの2人で演じてきた小芝居も、ここから新たに大げさな芝居の役者が1人加わり一層盛り上がりを見せ始めた。

「お市…もはやこれまで」「よいか!おまえは3人の娘を連れて今すぐこの城をでるのじゃ」
なにを申されますかっ!」「あぁっ…」
「お市はあなた様とここで…」「馬鹿ものッ!」「いやでございます」「まだわからぬかっ」
あっあなたぁー!」「お市ーッ!

浅井長政、最期の決断。

ビン底メガネの生徒・安田さんは、しばらくあっけにとられていた。

「…とまぁ、このような…」
「いきなり!いつ打ち合わされたのかも知らないですけど」「ちょっとまぁあの…芝居の大きいお市だったけども」
「長政、29歳…」「ドラマの世界じゃなくて、実際現実としてここであったわけですから」
「三人連れて帰るったってこの道もないような道をだよ」「ママ!道じゃないよ!ここ」

※水曜どうでしょうDVD第25弾「5周年記念特別企画 札幌~博多 3夜連続深夜バスだけの旅/試験に出るどうでしょう 日本史」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント