明石焼き

あかしやき
カテゴリ:『食』
場所:兵庫県

基礎情報

明石焼き(あかしやき)」は、マダコの名産地、兵庫県明石市の郷土料理。

たこ焼きに似ているが、それよりも鶏卵を高比率で使用する料理のため、地元の地域では「玉子焼き」と呼ばれる。たこ焼きのルーツのひとつともいわれる。

小麦粉以外に浮粉(沈粉)と呼ばれる小麦でんぷんの粉を使用することが多く、生地がとても柔らかいことが特徴。また、基本的にタコ以外の具材は入れず、だし汁に浸して食べるスタイルなどもたこ焼きとは異なる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【対決列島】第十三戦・近畿大会(19,000)の種目として登場。兵庫県の三木サービスエリアにて副将対決。
明石焼き

「水曜どうでしょう」での登場シーン

対決列島~甘いもの国盗り物語~

概要

4日目、関西に入る。関西も通過4府県(滋賀、京都、大阪、兵庫)まとめての近畿大会(第十三戦・19,000)開催。兵庫県の三木サービスエリアにて副将代理対決。ソフトクリームで鹿児島へ向けての自主トレに励むミスターを他所に、初めての副将(大泉さんと安田さん)だけの戦いが行われる。

明石焼き6個+牛乳2本の対決で、牛乳はビンのフタが閉まったままのスタート。安田さんは牛乳早飲みの汚名返上の機会に。

大泉さん、藤村Dはそれぞれ初めての体験に新鮮な感想を抱く。安田さんはお腹を下す。

「どこかで、近畿大会を」「ウチの大将はかなりキツイね」「代理…代理大会にしますか?」「この副将だけの戦いは見たことないですもんね」「いいですなぁ京都」「京都降りませんよ」「美味しいものでやりたいなぁ」「サービスエリアのはさぁ」「文句言ってるかい?」「なんだっていいよもう」「これ以上やめようもうケンカになるわ」

「汁も当然ぜんぶ」「こちらの、牛乳を当然」「当然…」「僕だってびっくり人間のはしくれですから」「ひとつ提案がある。牛乳は今まで全部フタ開けてましたが、このままでやらせてもらえませんか」「安田くんそのぐらいできるね?キミはサルじゃないんだから」「よしよし今ちょっと見えだぞ勝利が」「やはり大泉洋だってところ見せてよ」

「よしよし!よしよし!よし安田くん」「1回見してくれよそのびっくりするような飲み方を」「どうだぁッ」「なんで鼻から出るのかな」「安田くん戦力、一軍復帰!」「なんだぁ牛乳いらないかぁ?」「思ったより早くないですよでも」「もっとできるよな」「どおだぁ」

「サシでねぇまっ向から負けるとね、これ悔しいな」「ちょっと情けないなぁ」「ごめんね僕も初めてハタから見たからさ」「なんじゃこれ?っていう…」「そうでしょ」「やってる本人は案外真剣だという…」

水曜どうでしょうDVD第23弾「対決列島~甘いもの国盗り物語~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント