水羊羹(川上屋)

みずようかん かわかみや
カテゴリ:『食』
場所:岐阜県

基礎情報

川上屋(かわかみや)」は、岐阜県中津川市にある和菓子店

中津川地域は「栗きんとん」に代表される栗を使った菓子が名物であり、同店も老舗としてその一角を担っている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【対決列島】第十一戦・岐阜対決(11,000ポイント)の種目として栗入りの水羊羹が登場、チームびっくり人間による2度目の“早朝奇襲”に使われた。
水羊羹(川上屋)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

対決列島~甘いもの国盗り物語~

2日目の宿「長生閣 明月苑」(栃木県)にて決行された早朝奇襲(福島対決「ゆべし」)。

その後の道中では、大泉さんはこの意図不明の策に釘を刺していた。

「もうもうもうもうもう奇襲はやめてくれ」「…もう同じ手は二度とは使いませんからこっちだって」

そして3日目の宿、岐阜県の下呂温泉「川上屋 花水亭」

戦績はまさかのダブルスコアでミスターチームのリード。

追い込まれた魔神はここでまず第十戦・長野大会(おやき)を仕掛け、卑劣を極めた手段でミスターを陥れる。

もう魔神は、なりふり構わない手段を取り始めていた。

「岐阜は朝イチぐらいと考えていいですか?」「は?」「…同じ手を使ってあしたの朝行きますから」
「どんな手を使っても…取ってくぞ」「もう背水の陣だ、向こうの手段は」

奇襲の断行と、その種目がミスターには絶対に勝ち目のない物であることを宣言した上で、翌早朝4時半。

やぁやぁ鈴井貴之ぃ…」「きのうより早くなってる」
「大変おいしゅうございますミスター」「あの食べ方またすごいな…」「斜めにしてどんどん…積み木が無くなってくように…」
「それなに?最後…」

第十一戦・岐阜対決(11,000ポイント)、中津川名産の栗が入った「水羊羹」一本(一さお)食い。

前日よりは多少心構えがあったらしくリモコンにかじりつくという小ボケを披露するミスター。

しかしその程度のことは朝の魔神を前にして何の意味も持たず、勝敗はまたたく間についた。

びっくり人間の一員である安田さんすら開いた口が塞がらない情景。

ミスターは静かに水羊羹を置き、起き抜けの声で訴え始める。

「あのねぇ…」「説教してやって…朝っぱらからこんなもの食えるやつおっかしいよ
おっかしって ぜったい」「こんな寝起きでねぇ、これ一本食えるやつなんてねぇおかしいよ ぜったい」「かえって自慢してるけどねぇ」「ハイじゃないよ」「淡々と食ってったけど」「だめだよこんなの…」
「名古屋行ったらお母さんによく言って聞かせないと…」「お母さんおたくの息子さんおかしいよ」

やることをやり終え、さっさと消灯して自室に戻っていくチームびっくり人間。

「安田くん、じゃ寝るか」「よしよし、もらった!もらった!」「なにもだから早朝にやらなくても…」

4日目が始まり、床の間の前に並んで正座し、未明に起きた惨状と恐怖を語る3人であった。

「今日の夢はねぇ」「恐ろしかったですよ」
怯えちゃってんだよ」「ついてけねぇっつってんだよ誰も…あんたに」
「出演者ばかりを怯えさしてるけども」

※水曜どうでしょうDVD第23弾「対決列島~甘いもの国盗り物語~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント