ずんだ餅

ずんだもち/づんだもち

基礎情報

ずんだ餅」は、南東北、特に宮城県を中心とした地域の郷土菓子で、枝豆をすりつぶした独特の餡で食べる餅菓子。

現在では牛タン、笹かま等と並び、宮城県仙台市の名物のひとつとして認識されている。

「じんだん餅」、「ぬた餅」、栃木県では「ばんだい餅」などとも呼ばれる。

「水曜どうでしょう」では

ずんだ餅

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ4~日本列島完全制覇~

サイコロの旅第4弾。

レンタカーで仮眠後の3日目朝、伊勢神宮前での第6の選択は「①無理して近づく新幹線 仙台」

出発前に伊勢神宮近くの赤福本店にて朝食が用意され、赤福3皿(合計9個)を完食して瀕死状態となったミスター。道中のJR快速「みえ」車内では、これから向かう仙台の名物を恐れ、ディレクターに念を押す。

しかし大泉さんが、また余計なことを言う。

「やり過ぎ…ちゃったかな?」「過ぎたことはいいんです」「仙台は!仙台は!笹かまだよ」
「何もちって言いましたっけ?」「ずんだもち」「ね、ありますね」

夕方午後5時、仙台に到着。続く第7の選択、チャンスタイムにも関わらず大泉さんは「⑤東北新幹線で宇都宮逆戻り」を出してしまう。

再び乗車した東北新幹線「やまびこ」車内、藤村Dがおやつに買っていた名物はもちろん。

「おやつ、ちょっとね…」「何食べんの?」「ずんだもち…」「ずんだもちって知らない?」「仙台名物?」「ミスターにはあげないけどね」

箱を開けると中からパックに詰められた緑色の物体が出てくる。

状況を理解しているミスターは、有無を言わさずパックを開ける。

「あげないよミスター、ダメだよ」「どうしてぇ?」「僕は甘い物には目が無いんだよ」「いいのかい?ミスター」
自殺だぞとうとう」

次々に緑色を口の中に押し込んでいくミスター。

大泉さんも心配する中、鬼ディレクターのさらなる振りがあり、ミスターは甘味自殺の覚悟を決める。

「ミスターそれ…これ一個はまずいよぉ」「これ一皿はまずいって」「やめた方がいいって」
大泉洋、あとは頼んだぞ」「自害する気だ」「社長!」
さらば

自らの命と引き換えに貫いたミスターの意地。

しかし鬼ディレクターの言葉で、それは塵と化す。鬼は死体となってしまったミスターに唾を吐き、袋から取り出したもうひと箱を食うのであった。

「オレがこれ楽しみで買ったんだよぉ」「何てことしてくれるんだよ!」
犬死にでしたな社長」

大泉さんも宇都宮に着くころには忘れかけ、ミスターだけが満腹、犬死となった。

「なんでしたっけ、ずんどこまんじゅう

※水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ株式会社 より

桜前線捕獲大作戦

仙台から東北地方を北上し、桜開花の最前線を見つけに行くという春の新企画。

初日、スタート地「西公園」(仙台市)の桜が満開を過ぎ、散り始めていることを確認。新幹線で岩手県一関市までの進軍を決定する。

進軍に用いた高速陸上輸送列車「Max」(東北新幹線「やまびこ」)車内では、仙台支部食料班からの配給がある。

2人に手渡わたされたのは仙台名物「炭焼き牛たん弁当」の箱。

牛たん弁当でございます」「おいしそうじゃないですか」

しかし鈴井隊長の箱は少し様子がおかしかった。

「あれぇ?」「牛たん弁当…」
「中身が間違えてるかなぁ?」「なにやってんだ仙台支部はぁ」

仙台と言えば、同じ仙台名物の「ずんだ餅」。緑色に埋め尽くされた物体と再び対面。

箸で持ち上げると一つが棒状に長く大きかった。

あっ!」「ずんだ餅ってこんな長かったですか…?」「でかいねぇそれ」

もはや慣れてきた様子で球状に丸めた緑色を口に運んでいく鈴井隊長。しかし食べ進めると脳に作用し、謎の笑いがこみ上げる。

隣で本当の「炭焼き牛たん弁当」をむしゃむしゃ食べながら大泉隊員は、ずんだ餡を少し味見し、最後まで食べるよう進言する。

「ごちゃごちゃ言ってないで早く食べなさいよ」
「いつ食べても甘いねぇ…」「まだ残ってるじゃないの」「餡が残ってるじゃないのよ」「前線に行くんだよぉこれから」

ここから桜前線捕獲大作戦は、ミスターの生き地獄大作戦ともなっていく。

後のレンタカー車内で大泉さんはこの時のずんだ餅を、“ずんだ餅プラスチック爆弾”と表現している。

※水曜どうでしょうDVD第11弾「桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5~キングオブ深夜バス~」/北海道テレビ株式会社 より

東北2泊3日生き地獄ツアー

当時企画され熱狂的な水曜どうでしょうファン約400名が参加した桜前線捕獲大作戦のロケ地を巡るツアー。

仙台港を出発し岩手県「厳美渓」へと向かうツアーバス車内にて、ツアー客に「牛たん弁当」、「ずんだ餅」が提供された。

※水曜どうでしょうDVD第13弾「日本全国絵ハガキの旅/シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー/東北2泊3日生き地獄ツアー」/北海道テレビ株式会社 より

対決列島~甘いもの国盗り物語~

概要

2日目、第五戦・宮城対決(7,000)の種目。過去の企画で登場したのはおみやげ用のパックに入ったものだったが、初めて茶屋でお椀に入れられて出されるずんだ餅が登場。

仙台市の青葉城跡にて、魔神の魔神たる所以を見せつけられる一同。

「宮城はもう計算できてるから」「僕一番強いやつで」「次の宮城は黙っててくれ」

「名物がいっぱいありますね」「しかしその中でも…」

「一個大泉さん…味見で」「おおぉぉ…」「これがずんだの怖さですね」「口いっぱいにですね枝豆の粒々が…」「やっぱりねなくならない」「安田さんも一個」「まぁまぁいいよいいよ」「オレによこせってぐらいだから」「北海道に人には抵抗があるんだよ」「あとはこれはあの…嬉野さん…」「僕はずんだが食べれればそれでいいから」「いいから早く食わせろ!」

-「いやぁおいしかった」「バケモノだ…」「ミスターずんだ残ってるけども」「また我々がもう、ひいちゃうもんね」「おっかねぇよぉ」「倍でちょうどいいぐらいなんだなぁ。そしてさほど急いでる風ではない」

水曜どうでしょうDVD第23弾「対決列島~甘いもの国盗り物語~」/北海道テレビ株式会社 より

コメント

非公開コメント