カサ コルコバード ジャングルロッジ

Casa Corcovado Jungle Lodge

基礎情報

NO IMAGE

コルコバード ジャングルロッジ(Corcovado Jungle Lodge)」は、コスタリカ、プンタレナス州南部のオサ半島にある宿泊施設。コルコバード国立公園の敷地のすぐ近くに立地し、ロッジ周辺でも数々の野生動物などを見ることができる。

施設やサービスは比較的充実しており、各種ネイチャープログラムが楽しめるリゾート基地として機能している。

「水曜どうでしょう」では

カサ コルコバード ジャングルロッジ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!

概要

2泊目、3泊目の宿となったロッジ。サンホセから、ちっちゃいチャーター機とボートに乗り、風と波に揉まれて到着。1つ目の撮影地コルコバード国立公園で幻の鳥ケツァールを激写するための、基地となる。

周辺でもさまざまな動植物が見られる。まずは、無類の植物好きガイド、カルロスと共に周辺を探索する。虫と小さなトカゲを中心に撮影経験を重ねていくも、カルロスの口から気がかりな言葉を聞いてしまう…。

ケツァールの見れない国立公園を探索後は、ロッジの周りで動物を狙い、そこでもいくつもの経験を積む大泉先生。夜には今回のカメラについて解説(ぼやき)、そして今後の予定。

「あらあらあら」「ロマンチックだなぁこれは」「こんなきれいなベッドだけども、サソリを調べろって言われたんだね」「夜寝る前はね」

「カルロスは植物が好きなんだね」「彼は動物嫌いじゃないのか?」「またフルーツだ」「さぁカルロス、ジャガーを…」「イノシシだイノシシだ」「撮ったかい?うれしー」「撮れなかった」「ガシャコン」「シャッター切ってる…」「このバカカメラマンふたり…」

「ケツァールはいないて言ったね」「運が良ければ撮れるんじゃないか?」「ガイドがいないっちゅうものをかい?」「いないっつったな…」

「先生!先生!サ…サルです!」「撃って!撃って!」「サルはやっぱりねぇかしこいねぇ」「向こうだって命がけだからねぇ」

「何枚か…何枚かだねぇ」「使う道具をねちょっと誤ったな」「なにか出ますもんね」「頭でここをこう押さえて」「カメラ自体が動きますから」「一枚の写真の重み」

「ラストチャンスで明日の朝」「コルコバードは…ある意味練習場と」「だってケツァールいないんだもん」「彼はモンテベルデで見たって言ったね」「肩ならしは終わったよ」「今回はやりますよ」

「星見てんですか?それ」

水曜どうでしょうDVD第22弾「中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!前枠・後枠 傑作選」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント