カサ コルコバード ジャングルロッジ

Casa Corcovado Jungle Lodge

基礎情報

NO IMAGE

コルコバード ジャングルロッジ(Corcovado Jungle Lodge)」は、コスタリカ、プンタレナス州南部のオサ半島にある宿泊施設。コルコバード国立公園の敷地のすぐ近くに立地し、ロッジ周辺でも数々の野生動物などを見ることができる。

施設やサービスは比較的充実しており、各種ネイチャープログラムが楽しめるリゾート基地として機能している。

「水曜どうでしょう」では

カサ コルコバード ジャングルロッジ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!

マニュアルカメラと重量6kgの600mmバズーカを携え写真家・大泉洋、野生動物の宝庫コスタリカへ。主たる目的は幻の美しい鳥「ケツァール」の撮影。

首都サンホセから乗ったのは、前年は4台ほどいったが朝は墜ちる確率が低いという小型のチャーター便(「TAXI AEREO」)。その後、車とボートとトラクターに揺られてようやくロッジに到着。

コスタリカ前半の活動エリア「コルコバード国立公園」、基地となる「カサ コルコバード ジャングルロッジ」には2泊の日程であった。

「あらあらあら」「ロマンチックだなぁこれは」
「こんなきれいなベッドだけどもサソリを調べろって」「夜寝る前はね…」

到着した日はガイドのカルロスに案内され、ロッジ周辺を探索。

カルロスはバナナやココアなど熱心に植物の紹介を続けたが、その間にもクモやリス、小さなトカゲ類などを見つけ大泉さんはカメラを向けた。

ヘビも出るという奥地ではイノシシやハキリアリ、タイラ、ホエザル、クモザルなどと遭遇。大泉さんは嬉野Dと共に周囲に腐されながらも、大音量のシャッター音を響かせ地道に撮影経験を積み始めていく。

「カルロスは植物が好きなんだね」「彼は動物嫌いじゃないのか?」「またフルーツだ」
「リスいるリス!」「カルロスあんまり興味ないみたいだぞ」「さぁカルロス、ジャガーを…」
「カルロスがせっかく木の話しようとしてんのに…」
「あぁイノシシだイノシシだ」「撮ったかい?うれしー」「撮れなかった…」「ガシャコン」「シャッター切ってる…」「このばかカメラマンふたり…

ロッジに戻ってからの話の中では、その日“無類の植物好き”のカルロスの口から飛び出していた重大な発言が明かされる。

「ただ…なんかすごぐ気がかりなこと言ったのは」「ケツァールはいないて言ったね」
「ケツァール撮りに来たのにね」
「いや…まぁ…運が良ければ撮れるんじゃないか?」「ガイドがいないっちゅうものをかい?」
いないっつったな…」

気を取り直して翌日、本格的にコルコバード国立公園の探検に出かけた。ケツァールはいないが、大泉さんは徐々にカメラに慣れ、運も味方し始めていた。

ロッジに帰還した後も、周辺にキツツキやクモザル、インコ、ハナジロハナグマなどの動物が現れ、バズーカで狙っていった。

「先生早く撃って」「ありゃもう一発です」「ハイ撃ちます」
先生!先生!サ…サルです!」「ある程度手持ちで撃ってくから」「こっちでもキツツキは打ってるしなぁ」「撃て!」「ドーン
「あそこを通ったが最後もう一発でいくよ」「さすがに敵もサルものだねぇ」「サルはやっぱりねぇかしこいねぇ」「向こうだって命がけだからねぇ」
「なんだ?さっきのやつか?」「あぁ向こう歩いてくぞ、ケツだ」「ケツに当たったね今」

活動日を終えると、ロッジではその日の成果について振り返る。

如何せん撮影機材は手に余る代物。いつの間にか大泉さんの撮影は“撮った”や“切った”ではなく“撃った”と表現されるようになっていた。

「何枚か…何枚かだねぇ」「使う道具をねちょっと誤ったな」「大きいね」「明らかに撃つだね」「なにか出ますもんね
「常識的にはこれ手持ちしないですよ」「でここをこう押さえて」「…カメラ自体が動きますから」「カメラの重さでピントはびびびっと」
トロンボーンのように…使えったってね鈴井くんねぇ…」「谷啓のようにかい?」
「…一枚の写真の重み」

着いて早々目的の鳥はいないと言われ、実質カメラの練習場となった前半のコルコバード。

次の活動場所として予定していた「モンテベルデ」はカルロスからのお墨付きもらい、“肩ならしは終わった”“今回はやりますよ”と目的達成に向けて意気込んだ。

翌朝は、薄暗いうちから出発の時間までロッジ周辺にてラストチャンス。1日の初めは写真家のキャラクター性がしっかりしており、大泉さんは天体望遠鏡のように佇むカメラを温め続けたが、この時はホエザルの声とオオハシ(鳥)がわずかに姿を見せたぐらいだった。

星見てんですか?それ…」

※水曜どうでしょうDVD第22弾「中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!前枠・後枠 傑作選」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント