ゆでもち

カテゴリ:『食』
場所:大分県

基礎情報

ゆでもち」は、大分県(特に竹田市周辺)の郷土菓子。

材料はもち米ではなく小麦粉で、通常は薄く丸く成型され中に小豆餡などが入る。焼かずに茹でて作られるためそう呼ばれる。

大分には他にも小麦粉を使った郷土菓子として「やきもち」や「やせうま」などがある。それぞれ家庭でもよく作られ、また、菓子店や道の駅などにもよく並ぶ。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付西日本】での甘い物対決の種目として登場。さつまいも入りの「やきもち」との2択でミスターが選択した。
  • “竹田甘い物対決”と謳われるが、正確には緒方町(現在の豊後大野市緒方町)の道の駅にて対決が行われている。商品は「おがたのゆでもち」。
ゆでもち

「水曜どうでしょう」での登場シーン

原付西日本制覇

京都・金閣寺を出発し鹿児島を目指した原付(カブ)企画第2弾。

この企画から発表された藤村D運転交代(通称“赤ヘル”)という救済策。しかしそれは、いつの間にか魔神が下民をいたぶる“甘い物早食い対決”の口実と化していた。

企画の趣旨に広がりを見せる後半戦2日目(実質5日目)、大分県竹田市での“だるまの嫁取り”も無事にまとまり、休憩のために寄った道の駅(「原尻の滝」)にて。

「ミスター…」
「腹へってきたんで昼めしにしますか」「じゃあやりますか」「えっ?」「昼めしやりますか
「別に…『疲れた』『代わってください』て言ってないんですけど」「言ってないね、言ってないけど…腹へったでしょ?」「じゃあ勝負しましょう」

理不尽な提案に苦情を言い始める大泉さんをなだめ、初戦と同様にミスターはあっさりと勝負を受け入れた。

「勝てば代わってもらえるんでしょう?」「やるよ」
「勝ってくれよそろそろ…」「スゴイ重さのものを買ってるぞあの男…」

2戦目の時のように魔神はミスターの前に2つの包みを置く。片方はあんこ入りの「ゆで餅」、もう片方はいも入りの「焼き餅」ということだった。

ミスターが選択したグリーンの手拭いを開くと入っていたのはもちろん前者、袋には「おがたのゆでもち」という文字が見える。

袋の中には平たく広げられた円盤状の物体が5枚重なっている。

「感触は同じだ」
「…ゆでもちと書いてますなぁ」「じゃあ、あんこ勝負ということで」
「何個入ってる?これ…いくつ食うんだよ」「なに?もうひと袋…」「5個ずつありますから…ひと袋勝負
「あれ?そういうルール言ってませんでしたっけ」「今まで5つあったら先に2つでしょう」「だって小っちゃいもの一個が」
うわぁ

ミスターは天を仰ぎ、大泉さんは1枚のハンディを提案。魔神は躊躇なくそれを承諾した。

早食い対決、初のハンデ戦。

しかしそれは特に意味をなさなかった。

魔神だよォー
オエッ」「あと一個でもかまわないよ」「おっ!」
なんと!」「…なんと倍の餅を」「藤村くんはまだまだおいしそうです」「それにひきかえミスターはもう…」「もうこいつは負けです
おかしいだろ

目の前で無くなっていく「ゆでもち」を眺め、ミスターは目を疑った。

瞬時に1枚差を帳消しにし、さらに相手の1枚を奪い取り、そしてそれを自らの陣地に置いた魔神藤村D。

とっくに戦意を喪失し悶絶中のミスターは、既に倍量の餅を飲み終えて平然と話す魔神の顔を一瞥し、自分が全て口に入れるまで戦いが終わらないことを悟った。

「まだ全然わかんないよ勝負」「ミスターの激しい!追い上げ
でんでんへらないんだもん」「いいから食えミスター」「藤村さんは待っているぞ」
はぁい!

対決中には実況で煽り、ミスターの生き地獄に加担していた大泉さん。

運転を再開すると一転、一連の藤村Dの理不尽な言動に再び苦言を呈していくのだった。

※水曜どうでしょうDVD第20弾「原付西日本制覇/今世紀最後の水曜どうでしょう」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント