毛利の殿さま巻(松栄堂)

もうりのとのさままき しょうえいどう
カテゴリ:『食』
場所:山口県

基礎情報

毛利の殿さま巻(もうりのとのさままき)」は、山口県萩市の「松栄堂」で製造・販売される土産菓子。つぶあん、餅、夏みかんが、焼き上げられた生地に巻かれている。第21回全国菓子大博覧会(1988)で厚生大臣賞を、第22回全国菓子大博覧会(1994)で総裁賞を受賞。

松栄堂は現在、「KEN MATSUICHI」としてリニューアルされ営業。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付西日本】での関門海峡甘い物対決に萩名物として登場。ミスターが選択した対戦種目。
毛利の殿さま巻(松栄堂)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

原付西日本制覇

概要

通算4日目、出演陣はカブを押して徒歩で九州に上陸。ミスターには運転交代のチャンス(さらなる試練)が待っていた。関門海峡を背に、再び戦いの火ぶたが切って落とされる。

今回は、魔神の譲歩により、対決種目を決める為二つの包みが置かれる。一つは山口名物ふぐかまぼこ(甘い物じゃない)、もう一つは萩名物毛利の殿様巻(餅とあんこと夏みかん入り)。何としても前者を選びたい、ミスターの選択。

続投のミスター。このあと続けて大泉さんがかまぼこ対決。

「じゃあ」「恒例となりました…えー、代打…」「九州まで歩いてきたおふたり。疲れていることは重々承知!もし、僕に勝つことができれば…」「本当に死ぬよ。今回負けたら死ぬぞ」「やります」

「関門海峡 甘い物対決!」

「ここに2つの包みがございます」「僕が選んでいいわけですね」「普通、素人はねぇ……」「もう僕は見えました。殿様巻きを取ります。この男は」

「ずいぶん茶色いかまぼこだねぇ」「毛利の殿様巻で勝負ということでいいですね」「なに、これ1本勝負じゃないの?」「先に3本目に手をつけた方でしょ」「これで結局この前と全く同じルール」「見てくださいこれだけの餅が!」「ハイ!」

水曜どうでしょうDVD第20弾「原付西日本制覇/今世紀最後の水曜どうでしょう」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント