千春楽

せんしゅんらく
カテゴリ:『宿』
場所:山口県

基礎情報

萩焼の宿 千春楽(せんしゅんらく)」は、山口県萩市にある温泉旅館。源泉名は「千春楽泉」。

萩焼で造られた「長寿陶芸風呂」をはじめ、萩焼作家の作品が各所に取り入れられる。

旅館のすぐそばには白砂青松の海岸(「菊ヶ浜」)があり、露天風呂からも日本海を眺めることができる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付西日本】前半戦を終了地点。
  • カブを2週間預かってもらい、後半再出発した旅館として記憶に残る。
千春楽

「水曜どうでしょう」での登場シーン

原付西日本制覇

概要

3日目の到達地点、萩で一泊。前半の無謀な日程が終了。大泉さんは赤ヘル制度の甘いもの早食い対決の条件についても苦情。

宿にカブを預かってもらって、2週間後。だるまとなまはげを持参し、後半戦のテーマは「だるまの嫁取り」ということで、いよいよ厳しくなってきた原付の旅。新たな日程で雨の中後半戦スタート。

「予定よりも800キロショートと…」「なにやってるんだい?我々…」「ちょっとスケジュール切れないなぁ」「いやもう切ってありますから大丈夫ですよ」「切り放題だ、どうでしょう」「ミスターもちょっと切り過ぎだよ」「君が今日受けたひどい仕打ちをだ」

「まぁしかしアレはいつでも挑戦は受けるよ」「もなかとかさぁ」「メシも食えず…」「見てられなかったよ僕は」「あのルールも…やっぱりちょっとおかしいなぁ」「甘い物を食わなきゃ代われないっていう」「キミだけが元気になって、太って帰る」「単なるカブは移動手段でしか…」「名物名物で戦えっていう」

「じゃ、前半戦、萩止まりということに」

「いまいちも何もまったく起こらないよ、やる気なんて」「如何せんやっぱり積み荷が、地味だったと」「前回の物ということになりますけども…」「実はだるまさん、これ積む意味あるんですよ」「それでは今日から後半戦スタートと」「聞こえてますか!」

水曜どうでしょうDVD第20弾「原付西日本制覇/今世紀最後の水曜どうでしょう」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント