せきや(片山津温泉)

せきや かたやまづおんせん
カテゴリ:『宿』
場所:石川県
※閉館

基礎情報

せきや」は、石川県加賀市、片山津温泉にあった温泉宿。現在は閉館

片山津温泉は、加賀温泉郷のひとつで、1980年代までは北陸有数の歓楽温泉として発展。その後宿泊客の減少に伴い観光旅館が次々に廃業。

「水曜どうでしょう」では

せきや(片山津温泉)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

試験に出るどうでしょう 石川県・富山県

概要

3泊目、最後の宿にして、実力テスト会場。

夜には校長の直前講義(語呂)、また校長と講師による、体で覚える傾向と対策が行われる。しかしあまり理解が進んでいない生徒。校長が満点帳を確認すると、なんとどうでしょうゼミナールの悪口が書かれていた。

そして安田さんが満点をとれなかった場合の罰ゲームについて今一度ボヤく大泉校長。

翌朝、安田さんの(というよりは大泉校長の)明暗を分ける実力テスト本番が執り行われる。結果は次の企画を見ればわかるが、深夜まで猛勉強しとても頑張っていた生徒。

「よし来なさい」「先生…」「立て!」「密度だろぉ」「ゴホッゴホッゴホッ」「先生!先生答えも言わずに」「ただただ怒りにまかせてドロップキックを」

「テレビの前のみんな どうでしょうゼミナールは入らない方がいい。生徒より」「ちょっと立て」

「テレビをご覧のみんなもこれは百点取れなかったらおかしい話だ」「笑ってる場合じゃないぞと」「そういう番組じゃないんだ!」「こっちは真面目に受験生の為に」

「ありえない事ですけども、万が一…安田さんが…」「ここまできてなんだけどもやっぱりちょっとまぁ…おかしいとは思うぞ」「仕事はダジャレで語呂作れというだけじゃないか…彼に教えたことなんて僕はひとつもないよ」「ドッキリのように朝方…」「その僕がなぜねぇ責任を取って四国を回らなきゃいけないと」「信じたいよ信じたいけども、じゃ彼さっき何発ドロップキックを…」「とにかく僕は生まれて初めての満点を」

「おはようございます」「いよいよこの日が来たね」「頼むぞ安田くん」

「おぉ…安田くんが」「考えたか」「『海』かと思ってた」「なに?」「危なかったぁ」「…あなどれんこの子は」「くもったね顔が…明らかに」「これはトンボロだねぇー」

水曜どうでしょうDVD第19弾「試験に出るどうでしょう 石川県・富山県/四国八十八ヵ所Ⅱ」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント