多田屋(和倉温泉)

ただや わくらおんせん
カテゴリ:『宿』
場所:石川県

基礎情報

多田屋(ただや)」は、日本有数の高級温泉街として知られる、石川県七尾市、和倉温泉の温泉旅館。

明治18年創業、鍋島藩最後の藩主鍋島直虎の長女も女将を務めた歴史ある宿。モダンでレトロな大正ロマン漂う雰囲気の内装で、一面ガラス張りのロビーからは、能登湾の風景を一望。

「水曜どうでしょう」では

  • 【試験石川富山】にて宿泊し、試験の出題範囲が広がる。夜には大泉校長によるぶつかり稽古が行われ、藤村Dは屁が出るまで笑った。
多田屋(和倉温泉)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

試験に出るどうでしょう 石川県・富山県

安田さんが生徒となり、装いも新たに執り行われた試験に出るどうでしょう第2弾。

フィールドワーク指導中心のどうでしょうゼミナールが、自信を持ってヤマを張った石川県と富山県。最終日には大泉校長の罰ゲームを賭けた生徒安田さんの実力テストが待っている。

第1時限目、石川県にて海岸の地形を学習した初日、宿泊する宿は「和倉温泉」

「いやいやいや」「あらあらあらあら…」
「いやぁ」「すごいね」「宴会場かこれ」

広いお部屋でくつろげると思ったのも束の間、ちょっとした会話から学習テーマとフリップが次々と登場し、出題範囲が広がっていく。

怯える校長と生徒。

ってのは何でできてるか知ってますか」「…石川県とかと全然関係ないの?」
「ひろいますか?まだ」「お茶」「今年でも雪少ないですねぇ」「雨温図
「とりあえず風呂でもね」「大丈夫だね?」「温泉ってのはねぇ、火山があっての…」
「そのあとはご飯」「ご飯…ご飯?

露天風呂でうなった後は豪華なお料理

メニューのひとつ、殻付き牡蠣(かき)の酒蒸しも学習範囲の拡大に一役買った。

最後は大泉校長による“今日のまとめ”で一日をしめることになる。

「おおうっ!」「寝るなよおまえ」「寝るなッつってんだだから」「なにィ
「なんですか?それは」「やるか!」「いよーし

大泉校長によるぶつかり稽古と柱稽古。

藤村Dは屁が出るまで笑い、これは北海道212市町村カントリーサインの旅での登別温泉を彷彿とさせた。

「すっかり酔っぱらってまたなんでも面白くなってる
ホラ来い」「やめてくれ」「もうやめてほしいんだ痛いんだお腹が…」

また、鈴井講師によるプロレス技(ここでは四の字固め)も登場。

ようやくまとめノートを作成した校長は、夜も更け生徒が眠りについた頃、静かに集中講義を始めた。

「ハイそれでは一日お疲れ様でした」「集中攻撃…集中講義の方まいりたいと思いますね」
語呂を作ったからね」「…」
がっさーん 立てジョー 遊びでねぇんだ…」「がっさーん…」

翌朝は朝風呂に浸かり、ゆっくりと2日目が始まる。

※水曜どうでしょうDVD第19弾「試験に出るどうでしょう 石川県・富山県/四国八十八ヵ所Ⅱ」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント