オスロ

Oslo

基礎情報

オスロ(Oslo)」は、ノルウェー王国の首都にして最大の都市。世界的にも物価の高い都市のひとつ。北欧でも有数のグローバル都市でもあり、ノルウェーの各機関がこの街に集中している。

画家エドヴァルド・ムンクが育った地としても知られ、「国立美術館」「ムンク美術館」、彫刻公園などがあり、芸術の都としての側面も持つ。

ムンクの代表作「叫び」のうち、よく知られる油彩画は「国立美術館」に、パステル画の1つとテンペラ画、リトグラフが「ムンク美術館」に所蔵される。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパRE】にて立ち寄った数少ないスポットの1つ。「オスロ国立美術館」は閉館日で「ムンク美術館」へ。そして企画後半の中核を担う重要人物“ムンクさん”との出会いの地ともなった。
  • その後の移動車内から「オスロフィヨルド」も映った。
オスロ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ・リベンジ

2年前の屈辱を晴らすべく、北欧4ヵ国走破を目指して再び乗り込んだ欧州。

パリを出発してからレンタカー移動が続き、3ヵ国目(累計16ヵ国目)のノルウェー入国は移動4日目。

「オスロで有名な画家って知ってるかい」
「寄りたいかい?」「でも…キミだってちったぁ楽しみがないとあれでしょ」「あまりに乗ってるからね」

有名画家ムンクゆかりの地、ノルウェーの首都「オスロ」

この時すでに、人間をダメにする後部座席の主である大泉さん(短パン)は、「叫び」という代表作品を描いたムンクのインスピレーションを理解し始めていた。

最も有名な油彩画を一目見ようと「オスロ国立美術館」へ。

「時間ないですけども」「こういうものも見ていかないとやっぱり」「ダメになる人間」
No?
「今日は何曜日ですか?」「マジかよぉ

閉館日だった。

「あのね大泉くん、ムンク美術館ていうのがあるから!」

「ムンク美術館」の「叫び」(テンペラ画)の前にて大泉さんは絵画とシンクロした。

「叫びですねぇ」「溶け込んでるね」
帰りてぇ~

そして急ぎ、美しいフィヨルドへ向けて移動を再開するのであった。

「僕は案外好きでした」「やっぱりちょっと暗いですな」
「まぁ多少これで…見せるべきものは見せたと」「もうもうもう駆け足でしたけどもねムンクも」

ここでは1人の重要人物との出会いがあり、以降の車内後部座席は少し狭くなる。

そして以降の企画後半において、その黒服の人物は展開の中核を担うことになる。

※水曜どうでしょうDVD第17弾「ヨーロッパ・リベンジ」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント