アルスフェルト

Alsfeld

基礎情報

アルスフェルト(Alsfeld)」は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州フォーゲルスベルク郡の市。

歴史的建造物が密集した旧市街で有名で、マルクト広場を中心に中世都市の典型的な配置をとり、古い木組みの建物が多く残る美しい町として知られている。

グリム童話「赤ずきんちゃん」の舞台となった地で、「アルスフェルト市庁舎」はその物語中の家のモデルとなったとも言われる。この地方の赤い小さな帽子が特徴的な民族衣装が主人公のモデルとされる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ヨーロッパRE】にてパリ「凱旋門」を出発後、最初に訪れた町。郊外の森林で赤ずきんちゃんを探す。
アルスフェルト

「水曜どうでしょう」での登場シーン

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

2年前の屈辱を晴らすべく再び乗り込んだ欧州。

北欧4ヵ国走破を目指したこの旅も移動は何故かパリからのスタート。旅の序盤はフランスそしてドイツをひたすら北上する行程となった。

旅のテーマも前回と同じく“メルヘン”。そしてドイツではその名も「メルヘン街道」という観光街道を走る。

「どんなメルヘンが待ってんのかなぁ」「驚いちゃうんじゃないかなぁ」
「赤ずきんかな…」「赤ずきんだね」

移動初日、道を間違え遠回りをして入国したドイツ。中心都市フランクフルトも素通りしてメルヘン街道へ。

夕方になり、ようやく初めて町に寄るのだった。

「さぁいよいよ、ヨーロッパで最初に寄る町です」
「絵のようにかわいらしい町」「赤ずきんちゃんのふるさとなんですよ」

絵のように美しい木組みの建物が並ぶ「アルスフェルト」

この地方の伝統衣装の赤い帽子がグリム童話「赤ずきん」のモデルになったという。

「良いとこでしょ?良いとこでしょ」
「なかなか日本じゃこの町紹介する人いないんじゃないかな」「パリから800キロ来ていきなりここの町だもん」「だってフランクフルトを普通素通りできないもん」「ソーセージだビールだ」
飲まず食わずでここ…」「もう宿を決めないと」

時間は押しているがどうでしょう班にはやるべきことがあった。

「今でもいるらしいですよ」「ちょっと走って…行けば…」「いるって?」「ほぉー…」

メルヘン街道のあちこちに見られる森林。

もしかしたら童話の舞台となっているかもしれない森の中で。

「もしかしたら…」「もしかしたらいるかも…あっ あっ!」
速っ!」

再び出発した車内、時間のない中で一仕事を終えたミスターは、すり傷を負った膝をさすり満足げに一服するのだった。

※水曜どうでしょうDVD第17弾「ヨーロッパ・リベンジ」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント