魚沼コシヒカリ

うおぬまこしひかり

基礎情報

魚沼コシヒカリ(うおぬまこしひかり)」は、新潟県魚沼地域(5市2町)で収穫される米の産地ブランド。

環境がコシヒカリ等の品種の生育に適し、また、農家の栽培技術も高いため、日本穀物検定協会の米の食味ランキングでも最高評価「特A」認定の常連となっている。

番組に登場した「吉兆楽」は、新潟県南魚沼市の「株式会社吉兆楽」が販売するブランド。お米を、雪の温度で氷温熟成させることによってお米の甘みや粘りを引き立てていることが特徴。ギフト販売も行っている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【原付東日本】にて新潟県のお土産品(積み荷)として登場。
  • 【夏野菜SP】では、積み荷としてミスターが北海道まで運んだその米を使用し、シェフ大泉が「夏野菜の料理びっくりカルツォーネ風(青トマトと米を詰めた鯛のパイ包み)」としておみまいする。
魚沼コシヒカリ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

72時間!原付東日本縦断ラリー

東京・中央区から北海道・札幌を目指した、初めての原付(カブ)企画。

快晴の2日目、「越後湯沢温泉」を出発して間もなく、辺りには米どころ魚沼の水田が広がる。

「さすがに新潟、水田ですなぁ周りが」「やっぱり米どころですからねぇ…」

気づけばミスターのカブの荷台には巨大な米袋。

「ミスター?」「新潟米とかっていう文字が」
「コシがあって粘りもあって」「もう甘いから」「最高だから」
「これ?あの、5キロ袋5つだから25キロ…」

前日から積荷を希望していたミスターは、これでもかという重量の荷物「魚沼産コシヒカリ」を載せた。

「ほらだるまと米が並んで」「米屋かあんた…」
「あぁ、スタートダッシュ遅い!」

米屋の隣には、前日から高崎だるまを積んでいるだるま屋。

そして米屋のヘルメット後頭部には、達磨寺ステッカーの横に“カルゲン有機栽培米”(カルゲンとは肥料の名称)の売り物ではないステッカーが追加されていた。

時間との戦いであるはずの原付ラリーは、いつの間にか趣旨がずれ始めていた。

「なんとなくオレ気持ち的に一歩リードされたような気するもん」
「あれでまさか札幌に向かってるとは誰も思わないよね」
米屋!」「どこ行くの?」「札幌

そうは言っても時間通り着かなければ罰ゲームが待っている。

米屋とだるま屋は、仲良く50ccスーパーカブで札幌を目指すのであった。

※水曜どうでしょうDVD第16弾「72時間!原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル」/北海道テレビ放送株式会社 より

シェフ大泉 夏野菜スペシャル

onちゃんをゲストに迎え、シェフ大泉が文字通り腕を振るった日本一長い料理番組。

開始から69日後、ようやく料理披露となったロケ3日目。

米屋がカブで運んだ「魚沼産コシヒカリ」(吉兆楽)は、シェフ大泉の手によって生のまま鯛の腹の中にぶち込まれた。

「小松、魚沼産のお米をちょっと…」
「ミスターが積んできたんですよ」「それをなんですか?のまま…」

メイン料理の「夏野菜の料理びっくりカルツォーネ風(青トマトと米を詰めた鯛のパイ包み)」

「今コシヒカリの方が出てきましたねぇ」「案外良さそうじゃないですか」

見た目では意外と炊けていそうに思われた。

「コシヒカリってこんなにまずかったですか?」「完璧に芯が残ってる…」

※水曜どうでしょうDVD第16弾「72時間!原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント