花笠

はながさ

基礎情報

花笠(はながさ)」は、日本各地で祭などの衣装として用いられる花で飾られた笠。

山形県山形市の「山形花笠まつり」は特に広く知られ、近年では“東北四大祭り”の一つとして数えられることも多い。

例年8月5~7日の3日間に渡って開催され、踊り手達が県の花「紅花」をあしらった花笠を持ち、「花笠音頭」に合わせて群舞を繰り広げる。

「水曜どうでしょう」では

「水曜どうでしょう」での登場シーン

72時間!原付東日本縦断ラリー

東京・中央区から北海道・札幌を目指した、初めての原付(カブ)企画。

新潟県・越後湯沢温泉をスタートして秋田県を目指した2日目。

夕方、だるま屋さんの大事件が起きた直後、山形県に入り一旦休憩。

再度出発する際、大泉さんのヘルメットの上には何やら細長い物体。そして積み荷の「だるま」には、「花笠」がかぶせられていた。

「おお?」
「やっぱりウィリーみたいなことあったらだるま…」「危ないから」
「これで山形も寄ってきたんだぞっていうことですね」「一目瞭然だもん」

だるまの安全面をほんの少しだけ向上させ、引き続き秋田県を目指すのだった。

※水曜どうでしょうDVD第16弾「72時間!原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル」/北海道テレビ放送株式会社 より

原付西日本制覇

京都・金閣寺を出発し鹿児島を目指した原付(カブ)企画第2弾。

山口県・萩から後半戦開始。

後半戦では前半の地味な積み荷の反省を活かして、前回のカブの2トップ「だるま」と「なまはげ」が召還された。

花笠」はしっかりと「だるま」の頭に乗っており、その後、妻となった「姫だるま」にかぶせられる。

※水曜どうでしょうDVD第20弾「原付西日本制覇/今世紀最後の水曜どうでしょう」/北海道テレビ放送株式会社 より

カテゴリ:物/ツール

コメント

非公開コメント