銀座

ぎんざ
カテゴリ:『地』
場所:東京都

基礎情報

東京都中央区銀座は、日本を代表するの繁華街であり高級商店街

「銀座」の名は繁華街として一種のブランドになっており全国各地の商店街には“○○銀座”と呼ばれる所がそこかしこに見受けられる。

映像に登場した銀座四丁目交差点周辺は、商業地として日本一地価の高い場所として知られている。映っている和光本館の時計台は銀座のランドマーク的存在。

「水曜どうでしょう」では

銀座

「水曜どうでしょう」での登場シーン

72時間!原付東日本縦断ラリー

1999年、「水曜どうでしょう」の新しい企画が始まった。

朝7時過ぎ、2人が立っていた場所は東京・銀座四丁目交差点

「こらぁ珍しい画でしょ」「どこの空港でもないの」
銀座といえば…」「お買物をする所で…」「高級なお店が…」「まさしく中心地ですよぉ日本の」
「今回ほんとに申し訳ない」「僕のわがままなの」「ミスターがね、ちょっと欲しい物があると…」

いつも通り大泉さんは何も聞かされていなかった。

どうやらミスターには欲しい物があり、それまでの「水曜どうでしょう」躍進のお礼として番組からプレゼントしてもらうという。

その買い物に付き合うために銀座までやって来たのだ。

話を聞くうちに大泉さんは怪訝な顔になっていた。

15万するんですよ」「俺もじゃあ…」「ふたりでどうでしょうだもん」
「…欲しいってことですか?」「欲しいよ」「なんでミスターだけなんだよ」
おい 降りるぞ」「辞めてもいいんだよ」
「じゃあ、2つ…」「僕の分もいいかい?」「…何かもわかんねぇでバカみてぇによこせって言っちゃったけど」「買いますよね?」「おそろいっていうことで」「ちょっと待て待て…」

大泉さんは、制作陣の事前の台本通り、まんまと餌に喰いついてしまう。

本人も薄々話が怪しい事に気付くが、もう遅かった。

「じゃあ、お店の方…行きましょうか」「オイやってんのか?7時から…」「ヨドバシやってないよ」
「これはなんだ…?パッと見ても何の店かわからねぇぞ」

(有)竹田輪業と書かれたお店に到着。

必死で考えを巡らせながら大泉さんもミスターに続いて店の中へ。

自転車や部品類が壁に陳列された店内。そこに並べられた2台の新品のスーパーカブ

「ミスターこれですね」「これカブ…」「じゃプロデューサー買っちゃいましょう」「大泉さんあの欲しいっていう事だったんで…」「おや?どうしてまた…」「頂いていいの?これ」
「ただね…」「持って帰るの大変ですから
「…キミら変なこと言わないよね?

ディレクターの言葉を聞くにつれ、大泉さんが抱いていた嫌な予感は徐々に膨み、そして核心に迫っていく。

ミスターがニヤニヤしながら焦らすが、ディレクターはあっさりと決定的なセリフを吐いた。

「だから…あの…」「なに?」「欲しいなら乗って帰りなさいよ」「また変なこと言った…」
じゃコレであの札幌まで帰りますから」「おぉ、待て待て待てはっきり言うな
「札幌まで帰るって?バッカじゃないの無理だよねぇ?」「いや大丈夫ですよ」「なに言ってんの?竹田輪業さん」
「大丈夫大丈夫…1,100キロだ

こうして番組を代表する企画の1つともなる原付(スーパーカブ)長距離走行企画が始まる。

「行かない」と言い続ける大泉さんにつなぎとトランシーバーを装着させた上でカブに乗せ、午前9時、2人は東京中央区を出発するのだった。

「えー、おふたりさん」「えー、聞こえますでしょうか」
「えー、あの…事の重大さに気付いております」

※水曜どうでしょうDVD第16弾「72時間!原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント