ホテル ロレット

Inn & Spa at Loretto

基礎情報

ホテル・ロレット(Inn & Spa at Loretto)」は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州サンタフェにあるホテル。

歴史・芸術・文化の街サンタフェにあってひと際目を引く代表的なホテルのひとつ。外観や内装、調度品までもが、個性的且つどこか落ち着くサンタフェスタイルを体現。

敷地内には「ロレット教会」があり、「奇跡の階段」と呼ばれる、支柱のない木造のらせん階段で知られている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【アメリカ横断】にて宿泊。(333号室)
  • 夕食時、大泉さんに思いもよらない事態が起こる。
ホテル ロレット

「水曜どうでしょう」での登場シーン

アメリカ合衆国横断

レンタカーでカリフォルニア州サンフランシスコからワシントンD.C.を目指すアメリカ合衆国横断の旅。

横断3日目の日没間近、ミスターが一番行きたかった街「サンタフェ」に到着。

しかし走行予定が遅れているため、この街で宿泊するとは決めていなかった。

「ホテル ロレット」の前を通過。個性的な外観に目を惹かれ、大泉さんの発言にディレクター陣はひそひそと声を落として同意した。

なんだいこの建物」「あっ、あれホテルです」「いいじゃないのぉ」
泊まるかい?サンタフェに」「そうだね」「そうだね大泉くん」「良かったねアレね」

サンタフェの見どころを見物しているうちに、気づけば辺りは暗くなる。

泊まりたいディレクターは、白々しく今後の予定についてミスターに相談を持ちかけた。

ミスターどうします?」「今日ですか?」
「今日は泊まろうミスター」「泊まりたいよ」「明日頑張ろう!」「とりあえずホテル入ってさぁ…」
「みんないいの?」「じゃ行っちゃおうか」「うん今日はね行きたいよ」

この企画で一番行きたい場所がサンタフェだったというミスターは特に否定する理由もなく、思わしくない横断の進捗を気にかけながらも宿泊を承諾した。

一度は素通りした「ホテル ロレット」に宿泊。

部屋取れましたぁ」「でかした藤村くん」
「あっダブルだよまた」「えっ」
「かわいらしいダブルだもん」「ウイアーオールメン

この頃にはお馴染みとなっっていたダブルルームでのため息と“ウイアーオールメン”。

部屋を替えてもらう間に見つけたお洒落な小窓からは、きれいなグラデーションを描くサンタフェの宵の空。ディレクターも含め、カメラそっちのけで取り合った。

部屋はそれまで泊ってきたホテルとは違ったどこか落ち着く個性的な色合い。(サンタフェスタイル)

旅情を満喫する4人は、そのままホテルにて美味しい夕食をとった。

「きれいだ」「なんか落ち着くね、この色合いがさ」「旅はこうでないとミスター」
「うまい、うまい…」

ところがこの夕食時、それまで快調だった大泉さんは思いもよらない最悪の事態に見舞われる。

あまりの事態にカメラは回っていなかったため、翌朝のホテル前での談義によってそれは報告された。

「グッドモーニング!」「大変すばらしい素敵なところでありました」「朝起きてみてもこの雲一つない快晴で」「気持ちいねぇ!」
「実はきのうの夜…大変な出来事が」「大泉洋さん…」

ここにその成り行きを記す必要はないが、その時、彼らは本気で死を意識したという。

サンフランシスコで買ったばかりのトレーナーを差し出した藤村D。

アディダス(ジャージ)のファスナーを一応は外したものの渡すことはできず、最後には道連れとなったミスター。

「いや今となってはね」「笑い話で終わるけどさ…」
ふじむらさぁ~んていう声が…」
エクスキューズミー エクスキューズミー

DVDの副音声および特典映像では、それぞれこの事件の要因を考察している場面を視聴することができる。

ディレクターはカメラを回していなかった事をプロとして悔やんだが、ミスターはあそこで回していたら人間として疑っていたと諭すのであった。

そして当人大泉さんは、ラスベガスのカジノ以来続く藤村Dへの借金に、トレーナーの分の上乗せを食らった。

※水曜どうでしょうDVD第15弾「アメリカ合衆国横断」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント