アリゾナ大隕石孔

アリゾナだいいんせきこう

基礎情報

アリゾナ大隕石孔」は、アメリカ合衆国アリゾナ州にある隕石孔(クレーター)。他にも「メテオクレーター(Meteor Crater)」や、研究者の名前をとって「バリンジャー隕石孔(Barringer Crater)」などの呼称がある。

今から約5万年前に地球に衝突した直径30メートル前後の隕石によって形成されたとされる。また、世界で初めて隕石の衝突によってできた地形であることが科学的に証明された場所でもある。クレーターの直径はおよそ1.2キロメートル、深さは約200メートル、その大きさが衝突の衝撃の凄まじさを物語っている。

現在では観光スポットとして整備され、クレーターを見渡す展望台や、お土産店などがある。

「水曜どうでしょう」では

アリゾナ大隕石孔

「水曜どうでしょう」での登場シーン

アメリカ合衆国横断

レンタカーでカリフォルニア州サンフランシスコからワシントンD.C.を目指すアメリカ合衆国横断の旅。

アリゾナ州フラッグスタッフのモーテルに宿泊し、横断3日目の朝。

初日のラスベガス、2日目のグランドキャニオンと過ぎ、以降は目立った見どころがないと踏んでいたどうでしょう班だったが。

「いいもの見つけちゃった」
隕石が」「クレーターができてる」「我々もう…アルマゲドン」「引っぱってるから」「行きたくなっちゃってねぇ」
「そういうの拾っていこう」「必死に拾ってくれよ」

大泉さんはまだ食べ物のことを言っていたが、とりあえずディレクターがガイドブックのコラムで発見した「アリゾナ大隕石孔」を目指して出発。

近づくにつれて山のように連なったその輪郭が見えてくる。

ミスターが確認したクレーターの情報により、初日のラスベガスにて大泉さんが作ってしまったディレクターへの借金額が連想されてしまう。

「このまっすぐのじゃないの?」「あぁあそこ盛り上がってんじゃん」「なるほど」
「深さが174m」「どっかで聞き覚えのある数字ですよね」「1 7 4 ドルだ」「ミスター俺忘れてたのに」「返せ!おまえ早く」

見物に際しては観光施設が整備されている。

入場すると即座に階段を駆け上がるミスターを先頭に、展望台へと上った。

「ダッシュだもん」
「うわすげ…」「おおおおぉー」「すごいぞこれ」
「これはわかりやすいね」「アルマゲドンで言えばパリもこんな感じになっちゃった」

行きの飛行機(「CLUB ANA」:ビジネスクラス)で映画「アルマゲドン」を2回も見た一同は、ひとしおの感動で巨大隕石クレーターの迫力を眺めるのであった。

※水曜どうでしょうDVD第15弾「アメリカ合衆国横断」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント