牧之原台地

まきのはらだいち
カテゴリ:『地』
場所:静岡県

基礎情報

牧之原台地(まきのはらだいち)」は、静岡県中西部、大井川下流域と菊川に挟まれた洪積台地。現在の島田市、牧之原市、菊川市にまたがる。

静岡県内でも有数のの産地として知られる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【クイズ!試験】“高校入試70”の答えとなり、大泉さんが答えられず途中寄り道をしながら現地へと向かった。フィールドワークは早朝の「牧之原サービスエリア」にて。
  • 【原付日本列島】では国道150号を逸れ、茶畑の間を進む県道69号を走行した。
牧之原台地

「水曜どうでしょう」での登場シーン

クイズ!試験に出るどうでしょう

試験に出る企画第1弾。解答者の大泉さんは間違えた問題を実際に現地に行って学習、司会者として参加していた安田さんは大泉さんが200点を取れるまでスタジオに待機(監禁)。

初日、大泉さんはスタジオでの第2問を完答ならず、滋賀県まで連行されてフィールドワークを終える。

ようやく安田さんに電話をして第3問に挑戦。安田さんが監禁されて既に11時間が経過していた。

この時大泉さんが獲得していたのは第1問の中学入試10のみ。友達を救出するために大泉さんは勇み、高校入試70を選択。

“磐田原・三方原と並び静岡県の代表的な茶の栽培地である、大井川下流の洪積台地名を答えよ。”という出題。

「しず…君今静岡県つったねそしてね」「しず…」「全くわかりません」「ごめんなさい」
「絶対忘れませんから今言ってください!」「僕だって言いたいですよ」「大井川下流ってどこだよぉ」「静岡だって言ってるでしょ」
「いつまでも僕はキミの友達でいるからね」「キミも苦しいけど僕も苦しいから」

残り190点。スタジオで途方に暮れる安田さん。

4人は静岡県へ向けて出発した。

現地に行って学ぶまで正解を知ることができない大泉さんは、車内で改めて考察。

「行けばねぇ聞き覚えがある」「お茶の生産地ですね」
「宇治宇治宇治」「宇治は京都か…」「伊藤園でもないわけでしょう…」
バカはそこに乗ってなさいよ

※ちなみに茶製品・飲料メーカー「伊藤園」(本社:東京都)は静岡県牧之原市(当時は相良町)に生産工場と中央研究所を置いている。

その後、出題とは別のフィールドワークにも寄り道し、静岡県に入るころには夜になっていた。ともすれば忘れがちな安田さんを差し置いて、焼津市での夜のフィールドワーク。

一泊して2日目早朝、「牧之原サービスエリア」にてようやく本題のフィールドワーク。第3問の正解を知る。

茶畑ですよぉ」「あれ茶でしょ」
牧之原大地でございます!」
「そんなサービスエリアでもせっせと茶を作られたら、そりゃかなわないや他の土地は」

スタジオで一夜を過ごしたであろう安田さんを思い出し、久しぶりの電話。

布団で寝ていた安田さんは急いで準備を整え、クイズを出題。

「カメラマンも帰ったそうじゃないですか」
「あっごめんなさい今から準備します」「佐々木さーん」

大泉さんはチャンスタイムの日本史問題に正解するものの、次の問題では答えられず、山口県に行くことになるのだった。

山口県に向かう新幹線車内では、それまで“受験必勝ノート”にまとめられていた“必勝への鉄則”が改めて紹介され、名古屋からの「ひかり103号」車内では大泉さんが考えた語呂あわせを一通り発表。「洪積台地」についても作られている。

洪積台地は牧ノ原じゃ(茶)
「語呂って言うんですかこれは…」

※水曜どうでしょうDVD第14弾「クイズ!試験に出るどうでしょう/四国八十八ヵ所/釣りバカ対決 氷上わかさぎ釣り対決」/北海道テレビ放送株式会社 より

原付日本列島制覇

原付(カブ)で東京・羽田から高知・桂浜を目指した4年ぶりの旅企画。

神奈川県「箱根湯本温泉」から静岡県浜松市「舘山寺温泉」を目指した2日目、後半は静岡県を横断する道程。

早くも“赤ヘル”登板の体制で焼津市及び吉田町を通過し、国道150号で牧之原市へ。

指令室の大泉さんは、海岸線に沿って走る150号(御前崎市経由)では遠回りになると“近道”を提案。

一行は「波津」の交差点を右折し、県道69号へと道を替えた。

「登るなぁ」「1車線だぞ」「確実に…近道ですから」
「ストーリーはねかなり展開してますよ」「景色も転回してるよぉ」「車内はもうすごい揺れだよこれ」
バカの言う通りにするとねぇそういうことになるんですよ」

初めは狭く曲がりくねった上り坂。

しかし高台となって景色が開けると、周囲には茶畑が広がり、その奥には海も見える。

「いやでもミスターいいね!」「あぁきれいだなぁ!」「静岡らしいね」
「バカが必死で盛り上げてますね」「すずむし大成功
「黙って走れよてんとう虫

一行は「牧之原台地」に広がる茶畑を抜け、浜名湖へ向けて西へと走っていった。

「あぁでもいい道ですよ」「茶畑ずっと続いてて」

※水曜どうでしょうDVD第29弾「原付日本列島制覇」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント