ホテル紫苑(繋温泉)

ホテルしおん つなぎおんせん
カテゴリ:『宿』
場所:岩手県

基礎情報

ホテル紫苑(しおん)」は、岩手県盛岡市、御所湖(ごしょこ)のほとりにある繋(つなぎ)温泉の温泉ホテル。

客室は和洋完備、大小の宴会場・会議室、貸切温泉なども備え、ニーズにあったくつろぎ方を楽しめる。客室や露天風呂からは四季折々の景色を眺めることができ、また、ゆっくりできる部屋食にも定評がある。

「水曜どうでしょう」では

  • 【東北生き地獄】にてツアー客と共に宿泊。
  • 402号室にて番組における不朽の名セリフが生まれ、ファンの間では伝説となっている。
ホテル紫苑(繋温泉)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

東北2泊3日生き地獄ツアー

概要

パニック回避の苦肉の策の一日を終えて遅れてホテルに到着すると、ツアー客の夕食はもう終わっていた。仕方なく変装は明日の朝食時におみまいすることになる。

出演陣は2時間のトークイベントをこなし、疲労はピークに。そして明朝5時に起床するためにベッドに入った深夜0時、後々水曜どうでしょうを語るには欠かせない、企画とは関係のないある事件が起きる。

そして2時間ぐっすり眠り、翌朝のホテル紫苑。朝食中のツアー客に早朝ドッキリをやらされる花瓶と、オールカットされることになるエレベーター前の花瓶。

「ことのほか想像していたものよりも、格段に立派なホテル」

「皆さんが食事するところを見たい」「当然、皆さんのお食事の2時間前に」「2時間前に行く必要がなんであんだよ」「二度とやらないからなこんなツアーは」

「腹を割って話そう」「一生どうでしょうします」

「よく眠れましたか?」「え?」「よく眠れましたか?」「なにが?」「…よく眠れました?」「殴るよキミ本当に」

「花びんが…」

水曜どうでしょうDVD第13弾「日本全国絵ハガキの旅/シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー/東北2泊3日生き地獄ツアー」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント