サイコロキャラメル

明治/道南食品
カテゴリ:『食』
場所:北海道

他、サイコロの旅企画

基礎情報

サイコロキャラメル」は、かつて「株式会社明治(旧明治製菓)」が製造販売していた、サイコロを模した小箱に入ったミルクキャラメル。1972年10月から2016年3月まで明治が製造販売していたが生産終了

その後、明治の子会社「道南食品」 (北海道函館市)が「北海道サイコロ®キャラメル」として北海道限定で復活させ、名実ともに北海道ブランドとなっている。

「水曜どうでしょう」では

  • サイコロ企画7回(韓国も含めて)すべてに登場。このキャラメルの外箱が4人の行く先を決める、「水曜どうでしょう」の象徴的存在のひとつ。
サイコロキャラメル

「水曜どうでしょう」での登場シーン

サイコロ1

六本木プリンスホテル前にて、「水曜どうでしょう」最初の企画がスタート。

鈴井さんによって番組におけるサイコロ第一投目が振られる。大泉さんは最初の企画からダマされる。

あーっと、聞いてないなぁ
「こんなサイコロに俺運命決めてほしくないわ」「キャラメル入ってますからね」

最初に出た目は「③オレンジライナー 松山」。乗車時間12時間以上の愛媛県行き深夜バスであった。

「逆行ってどうすんの」「行きましょう」

※水曜どうでしょうDVD第2弾「サイコロ1/粗大ゴミで家を作ろう/闘痔の旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

韓国食い道楽サイコロの旅

油断した大泉さんを国外へ連れ出して敢行された、韓国での食い倒れの旅。

ソウル金浦空港に着いたところで鈴井さんが企画の説明。大泉さんは本場のグルメを食べに行くとしか聞かされていなかったが、話の雲行きが怪しいことに気がつく。

「何を食べていいのか?迷ってしまって」「それを決めなければいけない」「やっぱり決めるとなれば…」

小さな赤い立方体を取り出す鈴井さん。

続いて紙袋を差し出す藤村D。

「あんた何持ってんの…?」「なにサイコロ持ってんだよ」「いいじゃないか焼き肉食って帰りゃ」
「鈴井さんこれ…」「キミ達待てよ」

この企画でのサイコロは、①の目が福助マークになっている(シール貼っただけ)バージョンに。フリップは日本からの移動中大泉さんにバレないように、携帯用サイズになっていた。

※水曜どうでしょうDVD第5弾「北海道212市町村カントリーサインの旅/宮崎リゾート満喫の旅/韓国食い道楽サイコロの旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

サイコロ4~日本列島完全制覇~

またまたカントリーサインの旅をやるとウソを言われ、札幌から車に乗せられた大泉さん。最後に断念した生田原町に行くはずが、車は逆方向の千歳空港へ向けて走行する。

北海道の地理をある程度知っている人間なら違和感を抱くポイントはいくつもあるはずだが、大泉さんは全く気がつく気配がない。その様子を見てミスターも地図でヒントを投げかけるが、車はもうすぐ千歳空港に到着してしまうというところまで来てしまう。

業を煮やしたミスター。

「なんか疲れてんじゃない?キミ」「疲れをとるにはなんか甘いものでも」「キャラメルあげるよ」「…」
サイコロやなぁっ!゛

ここまで気がつかない大泉さんに飽きれる一同。一方、騙された大泉さんは、比較的乗り気であった。

「君は…なんでここまで気がつかないの」「回る回る」
「そうかサイコロか…いやぁ、212よりはいいかなぁ」「行こうか
「いやぁそうか皆さんすいません…私があまりにもバカなばっかりに」「千歳着いちゃった…」

※水曜どうでしょうDVD第9弾「北海道212市町村カントリーサインの旅Ⅱ/サイコロ4~日本列島完全制覇~」/北海道テレビ放送株式会社 より

他、すべてのサイコロ企画

コメント

非公開コメント