金沢長町の武家屋敷

かなざわながまちのぶけやしき
カテゴリ:『地』
場所:石川県

基礎情報

石川県金沢市は、江戸時代には“加賀百万石”と呼ばれた加賀藩の城下町として栄え、その後の戦争の被害が少なかったことから市街地に歴史的風情を今なお残している。

中でも市内中心部の長町には、石畳に整備された路地に武家屋敷跡(当時の武家が所有した邸宅)が並ぶ。

その界隈にある加賀藩千二百石「野村家」では、有料で内部の一般公開も行われている。

「水曜どうでしょう」では

  • 【絵ハガキ1】第3の選択の風景となり、訪れた。「野村家」にもミスターが単独で入場し、風景の捜索を行った。
金沢長町の武家屋敷

「水曜どうでしょう」での登場シーン

日本全国絵ハガキの旅

抽選で選んだ絵ハガキの美しい風景を実際に撮影しに行くという絵ハガキの旅第1弾。

1ヵ所目“薬味”の群馬県「上発知」、2ヵ所目“オードブル”の徳島県「霊山寺」の撮影を終える。

そろそろメインの美しい風景が欲しいところで第3の選択。

大泉さんが引いた絵ハガキには、古い屋敷の一部分だけが写っていた。

「これ…わかんねぇだろこれだけじゃ」「またやってしまったんですか僕は」
「遠いですね…」「これ美しい風景ですか?」
「そこら辺にあんじゃねぇか?これ」

写真は石川県金沢市「長町の武家屋敷」。飛行機で大阪、そこから特急列車で金沢を目指すことになった。

向かう「スーパー雷鳥11号」車内にて、ミスターは改めて絵ハガキについての疑問を投げかける。

これまでに引かれた3ヵ所を以って出演陣にセンスを疑われたディレクターは、他の絵ハガキの美しい風景をいくつか公開して反論。

「厳選した…50枚」「厳選されたものだったんでしょうか?」「いかんせん厳選しているのが彼らですからねぇ」
「武家屋敷にしたって…」「引けよもっと」「どこの部分ですか…これは家の」「ま、ですね」
「なんでコレなの?」「二人ともですけどかなりハズレ引いてますよ」

金沢に到着、思い出したかのようにツアーガイドとセクハラ客になって長町へ。

武家屋敷跡界隈を散策開始。

「武家屋敷跡 野村家」では入場料がかかるためミスターがひとりで捜索。

「入場料五百円…」「頼むよ」「アラスカじゃないんだから『見た』とかウソつくんじゃないよ」
「無かった?」「ここじゃない」

悠長にソフトクリームを食べながら、気を取り直して路地へと入る。

あらゆる“角”に気を配っていたミスターは少し先の方でそれを発見。

おっ」「あっ!」「あれそうだよ」

2人が入って同じアングルで撮影。

3ヵ所目にしてやっと観光客がぞろぞろと歩く観光地らしい場所に来ることができたが、どうでしょう班が撮影した箇所は誰も見ていなかった。

「おかしいですね」「イチオシのポイントのはずなんですけど」「おやおや皆さん無視ですよ」
「穴場なんです」「わかんねぇもんだってあそこがいいってのが」

ともあれ無事に風景の撮影を終え、続く第4の選択。

ミスターは今見た風景と同じような屋敷の写真の絵ハガキを引く。

しかしこれは番組にとって因縁の、そして後々の布石ともなる重大な選択となった。

行けってことだよ」「始めちゃったんだよ危険なゲームを」

※水曜どうでしょうDVD第13弾「日本全国絵ハガキの旅/シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー/東北2泊3日生き地獄ツアー」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント