アンカレッジ

Anchorage

基礎情報

アンカレッジ(Anchorage)」は、アメリカ合衆国アラスカ州にある都市。同州における最大の都市であり、経済や州内外の交通の中心地。

州人口の約半数が同市を中心としたアンカレッジ都市圏に集中しているが、州都ではない。(州都はジュノー)

北海道千歳市とは姉妹都市提携を結んでいる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【アラスカ北極圏】にてアラスカ州の玄関として降り立ち、コールドフットへ向けて北上を開始する前に「インレットタワーホテル」に2泊。その間、氷河クルーズにも参加した。
  • ここでは様々な買い出しも行い、ハンティング・フィッシング用品の専門店「Mountain View Sports」では、海パンで来てしまった大泉さんの上着などを購入した。
アンカレッジ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

北極圏突入~アラスカ半島620マイル~

“決め打ち”の旅支度を指示され海パン一丁で現れた男を、北極圏に連れて行くことになったアラスカの旅。

千歳から飛行機を乗り継ぎ、アラスカ州の玄関「アンカレッジ」へ。

飛行機の段階で早くも風邪気味となってしまった大泉さん。

鼻声だろ?」「あれだろ、ナイトアラスカウォークとかやるんだろまた」「魅力がないねぇ」
「これからあの、大泉さんの衣類だとか…」「あそうそうよく言ってくれたよ」「買わないと」

アンカレッジではこれからの“移動手段”のための備品を買い出し。一時的に藤村Dのノース・フェイスのフリースを借りていた大泉さんも、防寒着を探す。

「オーロラを見に行くんでしょ?どうして撃たれる撃たれないになるわけ…」
「これは良いじゃないか大泉くん」「がデカイけど…」「これ死なないよ」

かなり本格的な防寒着を装備し、身長も2メーター近くになる大泉さんであった。

「フレームに入りきってますか?」「もう、なんでしょう暑いです」

※水曜どうでしょうDVD第12弾「香港大観光旅行/門別沖 釣りバカ対決/北極圏突入~アラスカ半島620マイル~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント