アンカレッジ

Anchorage

基礎情報

アンカレッジ(Anchorage)」は、アメリカ合衆国アラスカ州にある都市。

同州最大の都市であり、経済や州内外の交通の中心地。観光においても各種レジャーの拠点となっている。

北海道千歳市とは姉妹都市提携を結んでいる。

「水曜どうでしょう」では

  • 【アラスカ北極圏】にてアラスカ州の玄関として降り立ち、コールドフットへ向けて北上を開始する前に「インレットタワーホテル」に2泊。その間、氷河クルーズにも参加した。
  • 諸々の買い出しもここで行い、ハンティング・フィッシング用品の専門店「Mountain View Sports」では、海パンで来てしまった大泉さんの上着などを購入した。

アンカレッジ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

北極圏突入~アラスカ半島620マイル~

“決め打ち”の旅支度を指示され海パン一丁で現れた男を、北極圏まで連れて行くことになったアラスカの旅。

千歳から飛行機を乗り継ぎ、アラスカ州の玄関「アンカレッジ」へ。

早くも風邪気味の大泉さん。

鼻声だろ?」
「あれだろ、ナイトアラスカウォークとかやるんだろまた」「魅力がないねぇ」
「これからあの、大泉さんの衣類だとか…」「あそうそうよく言ってくれたよ」「買わないと」

アンカレッジではこれからの“移動手段”のための備品を買い出し。一時的に藤村Dのノース・フェイスのフリースを借りていた大泉さんも防寒着を探した。

「オーロラを見に行くんでしょ?どうして撃たれる撃たれないになるわけ…」
「これは良いじゃないか大泉くん」「がデカイけど…」「これ死なないよ」

ここでかなりの本格的な防寒着を装備し、結局誰よりも温かい格好となる大泉さんだった。

「フレームに入りきってますか?」
「もう、なんでしょう暑いです」

尚、アンカレッジでは「ホテル・インレットタワー」に宿泊し、移動を開始するのは2日後となる。

※水曜どうでしょうDVD第12弾「香港大観光旅行/門別沖 釣りバカ対決/北極圏突入~アラスカ半島620マイル~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント