鬼の茶屋

おにのちゃや
カテゴリ:『食』
場所:北海道
※閉店

基礎情報

NO IMAGE

鬼の茶屋(おにのちゃや)」は、岩手県北上市にある博物館「鬼の館」に隣接し、木造平屋で営業していた茶屋。当時は一日十皿限定の特大だんごが提供されていた。現在は閉店。店舗は改修され、そば店「神楽屋」が営業している。

「水曜どうでしょう」では

鬼の茶屋

「水曜どうでしょう」での登場シーン

桜前線捕獲大作戦

概要

もはや桜前線とは全く関係のない前沢ガーデンを出たどうでしょう部隊。このへんで本来の作戦へと軌道修正をしなければならないのだが。

ミスターの生き地獄は続く。

「岩手っていうとこは恐ろしいとこだねぇ」

「各地の名産を紹介してるわけじゃないんです」「ただただ名物といえば北上市にも…」

「一日十皿限定のだんごがございます」「1個の直径が10センチ、女性なら4人で一皿」「我が特殊部隊精鋭の爆弾処理班、鈴井貴之を」

「渋滞だもん…」「高速で行こう」

水曜どうでしょうDVD第11弾「桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5~キングオブ深夜バス~」/北海道テレビ放送株式会社 より

東北2泊3日生き地獄ツアー

※映像には登場しない

概要

前沢ガーデンにて牛で吊し上げられた後、ツアー客の次の目的地。ツアー客の方が先に到着するため、途中のポイント(道ばた)で雪の中。

店舗は映らない。

「鬼の…」「鬼です」「あっ鬼ですか」「でっかい棒あるのお気づきでしょ」

「どっかね、途中のポイントで…」「バレないていうか気付かれない可能性ないかい?」「こんだけの雪」

「バレるバレないじゃなくてどうしてこんなことしなきゃいけないの?」「キミたちも行っちゃうんだね?」「ごめんね今度来た時死んでたらごめんね」

「ひでぇ目にあった」「凍傷だもの」

水曜どうでしょうDVD第13弾「日本全国絵ハガキの旅/シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー/東北2泊3日生き地獄ツアー」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント