ごま摺り団子(松栄堂)

ごますりだんご しょうえいどう
カテゴリ:『食』
場所:岩手県

基礎情報

ごま摺り団子(ごますりだんご)」は、明治36年創業、岩手県一関市「松栄堂」の銘菓。香ばしいごまの摺り蜜を、もちもちとした食感の団子で包んだ和菓子。

お土産用に冷凍にて販売されている。番組では12個入が登場していたが、現在オンラインショップでは8個入りと16個入の取り扱い。

「水曜どうでしょう」では

ごま摺り団子(松栄堂)

「水曜どうでしょう」での登場シーン

桜前線捕獲大作戦

仙台から東北地方を北上し、桜開花の最前線を見つけに行くという春の大作戦。

しかし、趣旨は忘れられがちで企画が進行していく。

初日、岩手県一関市「厳美渓」にて大量の砲弾(「郭公だんご」)を浴びせられ、機嫌を損ねる鈴井隊長。

レンタカー車内にて…

「大泉くん、ずいぶんとミスターが怒っちゃってるよ」「ご機嫌ななめ」
「ちょっと僕はミスターにごまでもすろうかな」「おやおやおやぁ」
「こちら…」「その名もごま摺り団子という」「でかしたぞ藤村隊員!」

藤村隊員が取り出した箱を確認し、天を仰ぐ鈴井隊長。

“ずんだ餅プラスチック爆弾”、そして“かっこうスカッドミサイル”を立て続けに浴びてきた隊長だったが、買ったばかりの冷凍品だったため少しの間命拾い。

「カタい…」「ミスター、ラッキーでした」「冷凍されております」
「『常温解凍で1~2時間後食べ頃です。』とあります…」

その後、大泉隊員が前沢町にて絶品「前沢牛」との対戦に意気込んでいる頃…

「ミスターほら、もうそろそろごま摺り団子がとけるから」

しかし結局「ごま摺り団子」を食べるシーンは無かった。

※水曜どうでしょうDVD第11弾「桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5~キングオブ深夜バス~」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント