厳美渓

げんびけい

基礎情報

厳美渓(げんびけい)」は、岩手県一関市にある渓谷。

磐井川の水流によって浸食され、形成された奇岩等々は地質学的にも貴重なもの。

全長は約2㎞にわたり、国の名勝及び天然記念物に指定。古くから景勝地として親しまれており、春の桜をはじめ四季折々の風情を楽しむことができる。

「水曜どうでしょう」では

厳美渓

「水曜どうでしょう」での登場シーン

桜前線捕獲大作戦

仙台から東北地方を北上し、桜開花の最前線を見つけに行くという春の大作戦。

初日、仙台市から岩手県一関市内へ進軍し、満開を確認。

高速陸上輸送列車「Max」(東北新幹線「やまびこ」)をもってしても追いつかない桜開花前線。

「遅かった…」「すでに満開状態」
「仙台からすれば、ずいぶん追いついた」

どうでしょう部隊は、しらみつぶしのローラー作戦(レンタカー)に切り替え、一関市内の次の名所「厳美渓」の情報を掴む。

「気の抜いた桜前線はここで休んでるかもしれない」
「大変、珍しいものがあると」「川の向こうからですね…だんごが飛んでくるらしいんです」「なんだと!」「なんて危険な所だ」「大泉隊員!撤退!」
「まさしくその…花よりだんごと」

もはや主たる目的が変わり始めている大作戦。

厳美渓の桜満開を、車窓からあっさり確認。

「おぉきれいだきれいだ」「いいねぇ」
「ここに、だんごが…?」

ミスター(鈴井隊長)はここで「郭公だんご」を食い止め、戦死することになる。

※水曜どうでしょうDVD第11弾「桜前線捕獲大作戦/十勝二十番勝負/サイコロ5~キングオブ深夜バス~」/北海道テレビ放送株式会社 より

東北2泊3日生き地獄ツアー

当時企画され熱狂的な水曜どうでしょうファン約400名が参加した桜前線捕獲大作戦のロケ地を巡るツアー。

パニック回避のためスタイリストの手腕による「変装」という“苦肉の策”を講じ、各ポイントに先回りした出演者2人が参加者に接近。

初めの「仙台港」ではバレてしまったものの、パニックだけはなんとか回避。

仙台港を出発し、ゆっくりと次のポイント「厳美渓」へ向かう10台のツアーバス。次こそバレずに完遂するため、どうでしょう班は全速で先回りした。

「そこもご一緒したいよやっぱり」「思い出話もしてあげたい」「恐いのはパニック」「まままま、港ではパニックには…」
「次の所は本当に真剣に…」「次やっぱり人…」「役者魂
プロの仕事しよう

ここではだんごを撃ち込む側となる2人。

だんご屋(「郭公だんご」)のおばさんに扮して演技力を発揮、当時作られた「水曜どうでしょう」オリジナルの「生き地獄だんご」をツアー客に撃ち込んでいく。

「バレないよね」「これ大丈夫だと思いますけどねぇ」「距離もあるしね」

※水曜どうでしょうDVD第13弾「日本全国絵ハガキの旅/シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー/東北2泊3日生き地獄ツアー」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント