ブンブン ブラウ

BUMBUN BLAU

基礎情報

NO IMAGE

ブンブン」とは、マレーシアのジャングルの中に作られた動物観察のための宿泊できる高床の小屋。「タマンネガラ(国立公園)」内に複数あり、それぞれ名前が付けられている。

食糧やシーツ、トイレットペーパー等の備品はほとんど無いか、もしくは清潔ではないため持参する必要がある。

「水曜どうでしょう」では

  • 【ジャングル1】宿泊、動物観察。当時は「ブンブンバラウ」と紹介。
  • 口をそろえて二度と行きたくない場所に挙げていたにも関わらず、【ジャングルRE】にて再び宿泊。建て替えられて綺麗になっていた。
ブンブン ブラウ

「水曜どうでしょう」での登場シーン

マレーシアジャングル探検

マレーシアの国立公園(タマン・ヌガラ)にてジャングル探検。

初日クアラルンプールの「ホテル イスタナ」にて、企画の詳細を何も知らないままマレーシアに来て早くも体調を崩している大泉さんに、つらい探検日程が知らされる。

取り分け、探検企画の目的地でありメインイベントの「ブンブン」(動物観察小屋)

密林の中を長時間歩き、電気も通っていない小屋に宿泊するという行程は、文明のある土地を願っていた大泉さんを絶望させるには十分すぎる内容だった。

ブンブン…?」
「…泊まんの?」「あちゃーでたよそらまずいよ…」「帰りてぇなぁ…」
「いやぁ…わりいけどだめだおれぁ…」

タマン・ヌガラに着いて探検2日目、ついにメインイベントの「ブンブン」へと向かう冒険の日。「ブンブン・クンバン」に行く予定であったが、予約が必要なことを前日に知り、急きょ空いていた「ブンブン・バラウ」に変更、行程も変わことになる。

他のブンブンは予約で埋まっているのに、なぜかずっと先まで空いていた「ブンブン・バラウ」。

予約がね…」「しとこうや」「メイン企画でしょぉ?」
「一番人気のない…」「ブンブン・バラウの場合はですね…ずっと空白でした」「なんでそんなに人気が無いんですか…」

ジャングルにかかるつり橋「キャノピーウォーク」を体験した後、午後2時いよいよベースキャンプの「タマン・ヌガラ リゾート」を出発。

だいぶお腹の調子がよくなってきたモジャ毛のガイド“洋さん”に連れられ、ボートと徒歩でブンブン・バラウを目指す。熱帯雨林の過酷な気候と道のりに、ブンブン・バラウ不人気の理由を痛感。

しかし本当に過酷なのは、到着してからだった。

密林をかき分けていくと、予想外のボロさでぽつんと立っている高床の小屋。

唖然とする4人。

「これかよ…」「ここ泊まんの?」
「開けんの恐いよ」「なんかね人死んでそうよ」「どうですか洋さん…」「あのねぇ…すごくがっかりする…」

“洋さん”を先頭に意を決して入室し、中を確認。屋内の状態も貫録を見せつける予約空っぽの動物観察小屋。

壁には古びた板の2段ベッドらしき構造。年季の入ったマットレスを見つけてベッドメイク。持参したきれいなシーツのおかげでやっと横になれる。

「何を好き好んでこんな3時間もかけて…」「これベッドかい?」「マットレスって書いてあるよ」「ぅえぁ~…」「やだよぉ…」

何の鳴き声かも分からない奇音が絶え間なく響き続けるタマン・ヌガラの密林。歩き疲れた身体を休めると同時に、小屋の中を眺めながら置かれた状況に途方に暮れる。

どうしてこんなことになったのか、それはこの時となっては話しても仕方のない事だった。

「こらぁオススメできないねぇ」「うるさいよ」
「なんでこんなとこに150円も払ってんだよ」「なんだよこの…ブンブンブラウってとこは」「夜が明けたらすぐ出よう

朝が来たら一目散に帰ることを決め、そして、ともすれば忘れかけてしまう目的を再認識。動物を観察しにここまでやって来たのだ。

野外で物音に怯えながらカップラーメンの夕食を済ませ、2人は上半身裸で動物観察。それを撮るディレクターも裸。

徐々に近づいてくる奇妙な鳴き声と、暗くなっていく空。電気も通っていない小屋で、気の遠くなるようなジャングルの夜を迎える。

拷問だ」「悪いことして送られてきたとしか思えないもんね」「俺はついこの前まで日々まじめに生活してたんだよ日本でさぁ…雪の降る札幌でさぁ…」「なんの刑だよこれ」「おいおいおい…何しに来てんだよ…」
朝一番で出るぞぉ」「拷問だぁ」

これといって動物も撮れず、どうしようもない状況に次第にすさんでいく大泉さん。

「これはなんだ、観察の刑か?」「だったら観察するよ」「でも俺は何ひとつ悪いことしてない!」「下にいるのはミスターか…?」「サイコロ振りてぇー
屁ぐらいこかせなさいよ

小屋に侵入したネズミですらカメラに押さえることができぬまま、夜は満ちていく。

そしてジャングルが漆黒の闇に包まれた午前0時、何の前触れもなくそれは訪れる…

こっち見てるって!」「トラえた!目玉が光ってる!」

番組では珍しい嬉野ディレクターの叫び声から始まり、「水曜どうでしょう」を知る上でかかせないセリフが生まれる緊迫した数分間の映像

ここでその詳細を記す必要はないが、そこには1つの標的と対峙した4人の勇気ある男達とそれぞれの勇気ある行動が記録されている。

「あんなデッカいネコいないって!」
「ちょっと、冷静…沈着冷静に!」
「冗談じゃ…冗談じゃねぇぞオイ!」
「どこに行ったか押さえてる?」

ともかくこうして眠れずに朝を迎え、強烈な記憶とともに4人はジャングルの動物観察小屋を立ち去るのだった。

「帰れるよ」
「いやぁ、ひどい目にあったなぁ…」

※水曜どうでしょうDVD第10弾「東京2泊3日70km/マレーシアジャングル探検」/北海道テレビ放送株式会社 より

ジャングル・リベンジ

概要

大泉さんをダマしてもう一度来てしまったマレーシアのジャングル。

7日目(ジャングル探検4日目)、再びガイドの洋さんをお呼びし、ボートに乗って難なく懐かしきブンブン・ブラウに到着。しかしそこには、6年前の拷問部屋とは見違える姿にリニューアルされたブンブンが建っていた。

レギュラー放送終了後、もはや日本中が注目している久々の水曜どうでしょう、少しでも油断した映像は見せられない。視聴者の好奇心をあおるセンセーショナルな映像を…。しかし、ヤマ場は、あまり好ましくないところでやってきた。

「いよいよですね、僕が6年前にトラを見た」「腕のいいガイドさんを今日は」

「えっ」「あっキレイだ」「全然違う!」「えー!こんなおっきくなっちゃて!」「みなさんどうぞハダカになって。これが…ブンブンスタイル」

「何しに来てるのか見失っちゃいけないぞ」「何かやっぱり視聴者が見たい!と思うものを撮れ。いいか?藤村くん」「今の時代…一瞬でも気の抜いた画を撮ったらあっという間に視聴者は離れていくぞ」「油断するな…」「大相撲ですか?」「いい音するんだよアレ」「…油断すんなよ」

「大泉さん寝てんのかい?」「お腹が痛い…」「はい?」「絶対行けないよ外なんて」「最悪の状況だね」「ウチも正露丸飲んで!」

「シッ!」「なにあれ」「グリーンに光ってるように見えるんだけど」「いやぁちょっとこれ腹痛えなぁ」「手前に見えるけど奥だよ茂みの中!」「例えばね…近くのそこにも光ってる…」「なに?」「は?」「虫か?これ…」「いいかげん動くだろ?動物だったら」「なに?またオレやっちゃったかい?」「あれは…もうトラとか言い張りません」「俺ら責めちゃいけないよ」「大泉くんてのは本当にやっぱり…」「下痢をしてても冷静だね」

「うんこがしたい…」「恐くて行けない」「あんな恐いトイレないぞ」「悪いけど…いてもらっていいかい?そこに…」「ここで…照らしてていいの?」「おおおい、閉めなさいよ」「やめろよ下ろすの!」「仕方ないだろ!」「ダメだ…出ない」「そりゃ見られてるもんこんなに…」「藤村くんもう…最悪だよ…今回のブンブンは…最悪だ…」「出せッ!大泉くん、出せって!」「キミたちさぁ…灯かりだけ照らしててくれればいいんだぞ。VTR切っていいからな」「んえっ…」「もう痛々しくて…」「もう気の毒で気の毒で…」「泣くなよ!嬉野くん」「あいつだってがんばってんじゃねぇかよ!」「照らしてやれよ、照らしてやれって!」「やったな!大泉くんッ」

「大泉洋オレたちにはもう逆らえないぞおまえなにがあったって」「これは本当に一生どうでしょうするんだぞ」「オレはでも…最後の誇りは持ってるよ」「オレはしっかり!トイレでしたよ!」「僕の照らすライトでやる勇気があるかい!」「最後のプライドだったね」

「もう絶対来ないから絶対もう二度とは来ないから!」「忘れるなこの経験を…」「あと9時間したら救助来るから」「絶対出ないんだよトラなんかミスター!こんなとこに」

「ブンブンには、それぞれのドラマがあります」「寝れない寝れないと言って、人から寝袋を借りて、最後にはゆっくり寝た者」「寝れないなら僕の寝袋を使いなと言って人に貸し、自分は寒くて寝れず、最後は死んでしまった者」「怖くてトイレに行けないと、トイレを見守ってもらいながらした男」「ブンブンには色んなドラマがあります。そんな中で、みんな必死になって、動物を観察するんです」「ブンブンブラウ、朝の五時半―― 動物は、一匹も出ません」

水曜どうでしょうDVD第6弾「ジャングル・リベンジ/6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時!/プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント