キャノピーウォーク

Canopy Walkway

基礎情報

キャノピーウォーク(Canopy Walkway)」は、マレーシアの観光スポットである森林の中に張られた歩行用の吊橋。日本語では「林冠の歩道」と訳される。空中からジャングルを見渡す体験ができる。

キャノピーウォーク自体はマレーシア国内だけでも数ヶ所にあり、番組に登場したのは「タマンネガラ(国立公園)」内の地上およそ30mに架けられた細い吊橋(全長約400m)。「タマン ネガラ リゾート」から徒歩20分程度のところに位置する。

「水曜どうでしょう」では

キャノピーウォーク

「水曜どうでしょう」での登場シーン

マレーシアジャングル探検

マレーシアの国立公園(タマン・ヌガラ)にてジャングル探検。

探検2日目、いよいよ冒険の日。午前中、メインイベント「ブンブン」に向かう前に、「キャノピーウォーク」というジャングルの中のつり橋に行ってみる。

「なんでも世界最長らしいですよ」

コンビニに行くみたいな格好でジャングルへ。

道中ではサルの交尾を目撃。

到着すると、頭上高くに1本の細い道が見える。

ミスターを先頭に、人ひとりやっと通れるほどのつり橋を渡っていった。

「これかい」「細いよぉ」「この人高所恐怖症だよ」
「すごいね」「木にこやってくっついてるだけなんだから」「留めてるのあんたこれだけだで」

最後は大泉さん自ら撮影。

“喪服チョウ”を見つけるのはこの帰り道。

※水曜どうでしょうDVD第10弾「東京2泊3日70km/マレーシアジャングル探検」/北海道テレビ放送株式会社 より

コメント

非公開コメント